自作

2017年8月13日 (日)

電源アダプター

無線機には40Aの安定化電源を使用しているのですが、ハンディ機など常時ONにしておきたいものには2Aの電源アダプターを使用しています。
TS-660もこの常時ONのグループに入れたいのと、2AだとID-92の送信(滅多に送信しないけど)の際に5Wの出力には不安があるので、5Aの電源アダプターを新調しました。
定番の秋月電子の12V/5Aのもの を使います。
実は10年ほど前に移動先でFT-817の電源として買ったのですが、引っ越しの際にどこかに行ってしまったようで改めて買いました。
12Vなので無線機で使うには少し電圧が低いので定番の改造を施します。
詳しい改造方法はネットに多数転がっていますのでそちらを参考にして下さい。

まずは買ったばかりの電源を分解。
国産のケミコンを採用と書いてあったが偽りはなかった。
Avr1_2
改造個所は1カ所のみでR37を2kΩに取り換えるだけ。
Avr2Avr3
チップ抵抗に交換するのがスリムなのですが、チップ抵抗を大量に買っても使いきれないので、ここは他でも使えそうな普通の1/6Wの抵抗で済ませます。
いくら1/6Wでもチップ抵抗よりは大きいのではみ出してしまうので、念のために絶縁紙を敷いておきました。
ちなみにノーメックスという200℃超えにも耐えるものです。
Avr4
改造後の電圧は14.21V(無負荷)でしたのでやや高いものの+3%程度なので全く問題ない範囲。
抵抗2本の組み合わせを微妙に変えたり、100本買いした2kΩを1本1本の抵抗値を調べて追い込むことも可能ではありますが面倒なのでやりません。
アダプターの右上にねじの頭が見えていますが、ここには左上のようなシール式のゴム足がついています。

100V側は無負荷で12.71mA流れていました。
トランス式の4A程度の電源だと、励磁電流は100mA以上あるでしょうから、常に通電しておくにはやっぱりスイッチング電源ですね。
デジタルパワーメーターで消費電力も測定しようかと思ったのですが、普段はこんな少ない値の測定はしていないのでCTが繋がっていて接続を替えるのが面倒だったので測定しませんでした。
Avr5

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

スイッチング電源整備

20年以上前に買ったダイワの40Aスイッチング電源を整備しました。
他にシリーズ方式(従来のトランス式)の30A電源も2台あるのですが、効率と発熱を考えるとスイッチング方式の方が有利。
特にコンテストで24時間運用していると、シリーズ方式でファンなし電源だと、発熱のために匂いもしだすので、オールJA前に急いで整備しました。

まず、基板を外して目視で確認したところ、高圧側の平滑コンデンサーが少し膨らんでいます。
Ss4041
抵抗も高温になったのか基板が黒く変色したところが何か所が見られました。
電流が流れる部分は網銅線で補強がされており、アルインコのクソ電源 よりはキチンとした設計です。
Ss4042_2
抵抗が発熱が大きいようなので、ワット数の大きな抵抗に交換することにしました。
焦げた右側はF端子を差し込んで半田してあるのですが、半田にクラックが入っています。
よくこれで動作していたものだ。
Ss4043
膨らんだ高圧側だけでなく、他の部分の電解コンデンサーも全部交換しました。
高圧側は少し容量の大きなものに交換、他の部分は耐圧を大きなものにして、寿命を長くできる105℃のものを使用しました。
コンデンサーも抵抗も20年前よりも小さくなっているので、容量、耐圧を大きくしてもサイズは変わらない。
Ss4044Ss4045
スイッチはネオン管がダメになっていたので、同じサイズのミヤマ製のスイッチに交換です。ちなみこの電源は220Vへも切替かられるので、オリジナルではネオン管への配線はされていません。(ネオン管は100Vのため)
Ss4046
電流がそこそこ流れる部分1.25SQ〜2.0sqの配線は耐熱のMLFCという架橋ポリ被覆の線に交換しました。
13.8V/40Aが流れる部分は5.5SQが使われていたので、そのままにしてあります。
パターン面は上で書いた通りに強化されているのですが、さらに平角銅線で補強しておきました。
このSS-404ですが、ネットで調べてみると基板が大きくリアクトルが基板上にあり、放熱フィンも小さいものもあるようで、ロットによって大きく違うみたいです。(私のはたぶん初期型)
Ss4047
エージング運転中にスイッチングの周波数が気になったので測ってみた。
13.8V時無負荷で約42kHz。
Ss4048
この電源の販売時には一般的ではなかった、青色LEDに交換しました。
延命処置をしましたので当分は使えそうです。
Ss4049

ついでに電源からの配線も新調です。
5.5SQの線材に圧着しました。(本当は8SQにしたかったが会社に無かった
圧着端子には専用のカバーがあります(左側)。
圧着端子と違いホームセンターでは少数売りがない場合が多く、100個単位だとスケアごとに違うので大量に余ってしまうので個人では中々使い(買い)難い。
他にも絶縁カバー付きの圧着端子もあります。(右側)
Ss40410

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

アンテナ切替器

またまた性懲りもなくアンテナ切替器を作ってしまいました。
Front
ケースは他のものを作った際に使ったYM-300を再利用です。
右端の電圧計はその穴を以前、大阪で購入した電圧計で穴埋めしてボロ隠し。
この手の表示はスモークのアクリルを通した方が視認性が良いのですが面倒なのでそのまま。

今まで1200MHzはアンテナ切替器を2台使って4本のアンテナを切り替えていたのですが、N型とはいえ何個かコネクターを通っているのが気になっていました。
それに切替リレーの一つは大昔のG4Yを使っているのでそろそろ交換時期でもある。
そこで一度に3切替できるものにしました。
基板はコスモウェーブ さんのものを使いました。
この基板はG6Yの5V仕様のものを使う設計になっているのですが、G6Yは現在入手し難いのでピン配置が全く同じのG6Zを使いました。
G6z1
私の勝手な想像ですが3年程前に秋月電子でG6Yの5V仕様が250円で出回った事があり、私も2個買ったのですが、アッという間に売切れてしまったので、この時期の製品なのかも知れません。
回路はトランジスタアレイを使ってあったのですが、6PセンターOFFのスイッチを使えば面倒な回路は使わずダイオード1本で済むので(簡単なAND回路です)高周波部分だけ使わせて頂きました。
これでGP/北向き10elループ/西向き10el F9FTの3本を切替られます。
G6z2_2

430MHzは50Wを切り替えるので小型のリレーでは容量不足で同軸リレーを使いました。
以前ジャンクで購入したリニアに付いていたものですが、コイルが断線していたので、2ターン解いて補修し絶縁テープを巻いておいた。
Cx140d1Cx140d2Cx140d3
430MHzは北向きの2el八木と西向きの5el八木の切替に使います。
Cx140d4
430/1200MHzに使っている青色の同軸ケーブルですが、秋月電子で売っているRG58C/Uです。
この同軸は網線がしっかり編みこんであって、安物にありがちな網線がスカスカではなくおススメ。
同軸の先はNPJ-58というN型のパネルジャックでサトー電気で長期在庫の特価品で1個300円だった。
この300円がこの切替器を作ろうと思ったキッカケでもあります。まともな値段だったら6個で幾らになるか・・・

All1
ケースが再利用なので余計な穴が目立ちます。
HFの切替もできるようにICOMのBAND電圧を使った制御回路も入れてあります。
その部分は追々・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

分配器

エアバンドを複数の受信機で聞くとなると、その分のアンテナが必要になってしまいます。
そこで1本のアンテナで複数の受信機を聞けるように受信用の分配器を作ってみました。

これとほぼ同じものがダイヤモンド(SS500)で売っていますが結構お高い。
挿入損失が0.8dB以下と書いてあるが、これには分配時の損失が入っていないはずだ。
2つに別ければ当然の事ながら信号は1/2になるのでどう頑張っても-3dBにはなる筈です。

ダイヤモンドの144/430MHzデュプレクサMX72のケースを使いましたのでSS500そっくりです。
Photo
大進無線のwebを参考にして、コアはフェライト・ビーズのFB801を2個並べたものを使っています。
線材は0.32mmの耐熱ワイヤーを使いました。被覆の薄いUEW線などの方が良いのでしょうけが136MHzくらいまでなら何とかなるでしょう。

何とか聞こえる成田ATISで比較してみましたが、分配しない時に比べてほんの少しだけ弱くなった感じがするが、聞こえなくなったりする事はなく-3dB(理想値)程度では大きな差はなく十分に使える事がわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

1200MHzの同軸切替器

中古無線機の販売店で2回路の同軸切替器が出ていたので購入しました。
コロナ電業のCX-903WHというモデルで、型番から推測するとパーソナル無線全盛時代に発売されていたのでしょう。
もちろん全てN型仕様。
Dscf3455
1200MHzまで対応で通過電力は50Wらしいのですが、リレーを見る限りは50Wは厳しそう。
1200MHz(10W)で使う分には通過電力は問題ないです。
2系統を一括切替の仕様なのですが、高周波リレーが2個入っていて並列で動作していれば改造して個々に切替可能だと考えていたのですが、そう甘くは無く珍しい2回路の高周波リレーが入っていました。
北方面:GP & 10el ループ
西方面:モービルホイップ & 10el F9FT
の4本のアンテナがあるので、機械式の同軸切替器(CX210N)で北/西を切り替えて、このリレー式の切替器には無指向性と指向性の切替の役割をさせました。
先日の関東UHFコンテストで使用したのですが、メカ式とリレー式なので結構めんどう。

さらに計画があり、手持ちの高周波リレーを使って残る機械式の同軸切替器も換装予定です。そうすればロータリースイッチを使って切替可能なので使いやすいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

PC用のヘッドセット

今週末の全市全郡コンテストのためにPC用のヘッドセットと接続するためのアダプターを作ってみました。

元々、移動運用用に同じものを作った事はあるのですが、引越しの際に行方不明になってしまったので再製作です。
Ptt1

回路という程のものではないのですが、ヘッドセットのマイクからの音声はコンデンサーを通してRIGへ。
コンデンサーはMUSEのBPコン10μFを奮発(10円高い)
ヘッドセットのマイクの電源はRIGのマイク端子からの電圧を1kΩの抵抗を通して供給(抵抗値は適当)
おまじない程度にFB225と0.1μFでフィルターを通してRIGへ向かいます。
PTTは少しこだわりがあって、普通のプッシュスイッチではなくミヤマのMS-300というスイッチが気に入っています。
このスイッチはクリック感があり、モーメンタリー(押している間だけON)なのですが、オルタネート(一回押すごとにON/OFFを繰り返すタイプ)のような感覚が好みで、PTTにはいつも使用しているスイッチです。
スイッチの色ですが、何でも良いのですが赤だけは頂けません。
映画でよくあるテロリストの起爆スイッチ風になってしまいます。

RIGとの接続はMIC8Pの中継ジャックにしてあり、ピンアサインはアドニス仕様にしてあります。
普段はアドニスのスタンドマイクを使っているので、ここを外して繋げばOKですし、移動運用の際はアドニスの各社用の接続コードで対応できます。
ケースにはブッシュをつけてインシュロックで抜け止めにしてありますが、抜けに対してOKでも捻じれに弱いので、信越シリコンを充填して固定してしまいました。
Ptt2
ただ、これをしてしまうと壊れたら捨てるしかなく、移動先でトラブルが起きた時に対応しにくくなるのが難点です。
移動運用を考えるとプリント基板を長めにしてコードをインシュロックで固定する方が良かったかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

AMラジオを作った

久々にAMラジオを作ってみました。
AMラジオ・・・・自作の原点ですね。AMラジオを作るために初めて半田こてを握った人も多い筈。私も小学生からいろいろなラジオを作りました。
そんな話を会社でしていたら「初めてラジオを作り、スピーカーから鳴った時の音って覚えているもの」という話になり、確かに私も記憶があった。
私の場合ニッポン放送の夕方の番組で「京成のCM」だった。

最近はラジオを作る事もなかったのですが、ベッドサイドに置くラジオが欲しくなり1台作る事にしました。
Photo
地震などの災害の際にスイッチを入れてすぐに音が出る事を考えたので、ボリュームと電源スイッチは独立させました。
Photo_2
回路は超簡単なミツミLMF501を使い高周波増幅と検波を行い、秋月のTA7368を使ったアンプキットでスピーカーを鳴らすための増幅を行っています。
あとはニッケル水素電池にしたので1/20C以下で充電する回路を入れたシンプルな構成です。
Photo_3
ストレートラジオは音が良いと聞いたので、ケミコンをオーディオ用のFINE GOLDを奢ってみました。AMラジオには豚に真珠か。
スピーカーもφ58mmのドッシリとしたものを使いました。
AM放送は音楽を聴くよりもトーク番組を聴く場合が多いのでインダクターで高域カットもできるようにしました。

LMF501、TA7368共に発振しやすいとの噂でしたが、電源周りにしっかりパスコンを要所に入れてあり、バーアンテナとのクリアランスも確保したので発振はありませんでした。
ストレートラジオは選択度が今一つなのですが、バーアンテナはセンタータップから出力させ高感度を求めなかったので、在京局は全て受信でき混信も皆無で普通のスーパーの回路と遜色はありませんでした。
ほぼNHK第一に固定なのですが、ラジオ深夜便を聞くには丁度良い音色で小型ラジオにありがちな高域シャカシャカ感がなく落ち着いた音色で疲れません。
消費電流は10~15mA程度なので内蔵のニッケル水素電池でも長い時間鳴らせそうですが、秋月電子の安価な太陽電池パネルでも繋いでおこうと検討中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

アンテナ切替器

アンテナ切替器を2台作りました。

これはHF用の切替器で10MHz用のアンテナ7/14/18/50MHz用のアンテナ を自動的に切り替えできようにしてあります。
Sele1
単純に手で同軸切替器を操作するのが面倒なだけで、いつものようにICOMのバンドデータ信号を利用して自動で切り替えています。
単純な切り替えならリレー1個で済むのですが、2個使って使用していないアンテナはアースに落ちるようにしてあります。
もっとも10MHz以外はモノポールを使う事が多いのですが、週末以外は振り出していない場合もあるので、その際に使うためで、モノポールとの替えはRIGのANT1/2を使っています。
またコンテスト参加時はこのアンテナを外してV型ダイポール を使うので、RIGのANT1/2は北/西方面の切り替えに使えるようなります。

もう一つアンテナ切り替えを作りました。
Sele3
こちらは144/430MHz用でID-92とAR-2002を切り替えています。
430MHzにも対応させるために高周波リレーを使いました。
少し前に秋月電子で売っていたもので残念ながら5V用しかなかったのでレギュレータが必要になりました。
Sele2
送信可能なID-92の外部電源SWと連動させてID-92が動作時はこちらに優先的にアンテナが切り替えられるようにしてあります。
これでいつでもID-92で送信できるのですが、未だD-STARの設定すらしていないので、2波同時受信の受信機になってしまっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月28日 (日)

YK-107C

TS-790を購入したけど、この無線機が活躍するのはコンテストでのCWなのでCWナローフィルターは必須です。
オプションとしてYK-107Cというフィルターがあり、TS-50/60のオプションにもなっているので人気があり、既に入手が難しくオークションなどで出品されてもとんでもない値段になる事が多いそうだ。
Fil1
現在、YK-107Cと同じ10.695MHzのフィルターとしてYF-107Cがあるが、調べてみるとピン位置が違いと制御用のピンが1本多いだけのようでした。
制御用は使わなくても大丈夫なようだし、ピン位置に変換は以前に別の無線機でトライしたことがあるのでダメもとでチャレンジです。
なにせ新品が7000円程度で入手できるのは魅力的です。
ユニバーサル基板で反対側にピンを出すだけの簡単な工作です。
Fil2
出来上がったフィルターを内蔵するのですが、YK-107Cはピン間隔が2.54mmではないので少し無理やり入れる形になり斜めに取り付く形になります。
それでも挿入位置の点線の囲みからはみ出る事もなく取付けられます。
Fil3
CWのアクティビティの低いV/Uなので効果の程はわかりませんが、しっかりナローにはなっているようです。

とりあえず「入るぞ」「使えるぞ」と記しておきたいと思います。
測定環境にないのでどの程度の特性なのかはわかりません。
大したノウハウでもないので質問して頂ければお答えしますが、これを読んでちんぷんかんぷんなら悪いことはいわないのでチャレンジしない方が良いと思います。
「フィルターの入出力インピーダンスが~」とかいう方は、どうぞヤフオクでYK-107Cを入手して下さい。
たぶん「TS-60でも同じようにできますか?」とか「基板を譲って下さい」とか果ては「無線機送りますのでフィルター入れてください」とかありそうですが知りません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月28日 (土)

KENWOOD RZ-1 [デュープレクサー]

1DINサイズの受信機RZ-1 を購入してほったらかしになっていましたが、とりあえずコミュニティーFMを受信するための対策をしました。

AM放送とFM放送の受信用にはカーラジオ用アンテナコネクター(正式な名前を知りません)になるのですが、FM用のアンテナとして29MHz FMのHFB-10というアンテナをHF/50MHzのデュプレクサーで分けて無理やり使っているのですが、当然AM放送帯の電波はカットされてしまうので全く聞こえないので、受信用のデュープレクサーを作ってみました。
Bcdup1_2

回路としてはAM放送側は2MHzのLPF、FM放送はHPFではなくBPFで抑圧を受けている余計な電波を少しでも軽減させることにしました。
AM放送のLPFは受信用なのでマイクロインダクターとセラミックコンデンサーの結構いい加減な回路、FM放送側のBPFはFCZコイルの代替として使えるサトー電気の10mm角80MHzのモノコイルを2つ結合させて使いました。
プリアンプとしてよく使われる構成で、結合コンデンサーの代わりに2SK241でも入れればプリアンプとしても使えるのですがシンプル且つ無電源に徹しました。
Bcdup2
ケースに収めて完了です。
結果は上々で、お目当てのコミュニティーFMは抑圧を受けずクリアーに受信できました。
BPFの特性を調べられないので原因がFM横浜の抑圧なのか、他の業務局からの抑圧なのかわかりませんが結果オーライでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧