« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月 2日 (日)

東急ホテルとコンフォートメンバーズ

FLGHT OF DREAMSを見学したあと夜便で日帰りも可能なのだけど、この際なので名古屋に1泊する事にしました。
ホテルに拘るならば駅直結のマリオットなのだろうが、ここはあえて東急ホテルにしました。

国内が殆どで地味な存在ではあるが東急ホテルにもコンフォートメンバーズというメンバーシップ制度があります。
遥か昔東急ホテルと東急インの個々のメンバーシップが統合されて生まれた制度なのですが、当時、那覇東急ホテル(東急ホテル)をかなり頻繁に、宮古島東急リゾート(東急イン)を年数回利用していたので、統合され発足した際に上位のステータスでカードが発行されたのですが、久しく使っていなかったので失くしてしまった。
事務局へ電話で問い合わせたら記録が残っていたので再交付してもらった。
Img_1717
どうやらステータスも昔のままで再発行してもらえプラチナ会員のようだ。
Photo_10
しかし公式のページを見てもゴールドまでは書いてあるけど、プラチナはどこにも書いていない。
ネットで調べてみるとコアなファンもいるようで「プラチナ制度熱望」や「あったりして」との記事は見かけたけど、海外のホテルグループよりもファンが希少なのでヒットしない。
頑張って達成したわけでもなく棚ボタで遠い昔の事なので現在は何ポイントで達成できるのかはわかりません。
特典について問い合わせてみたら「ゴールドに準ずる」そうだ。

まぁ、そんなこともあって久々に東急ホテルに宿泊した次第です。
チェックインの時間に少し早いので名古屋市内をブラブラしてからホテルへ向かいます。
Img_1697 Img_1696

予約したのはエグゼクティブ・フロアーです。
メインのフロントではなく、エグゼクティブ・フロアーにあるレセプションでチェックインをすることが多いのですが、名古屋東急ホテルには専用のレセプションはなく1Fでチェックイン。
古いホテルながらも改装してあり部屋は綺麗です。
Img_1699 Img_1700 Img_1698
10年ほど前にここに宿泊した時は1本で包装してある高そうなバナナとキャンディが夕方届けられたけど、今回は何もなかった。

上で書いた専用のレセプションと一緒に専用のラウンジがあるのが普通なのだが、ここは1Fのフロント横のドアに部屋のカードキーで入れるラウンジがあります。
Img_1703 Img_1702 
Img_1705 Img_1706
16時までのティータイムと16時からのカクテルタイムを時間またぎで利用しようと15時45分頃に訪れたのですが、16時に料理の変更もなく既にアルコール類も用意されていた。
最初は誰もいなかったが、その後何人かが利用していた。
1時間程ゆっくりさせてもらいお酒も頂き部屋へ戻った。
昼食の塩分多いラーメンとラウンジで頂いたものでお腹いっぱいだったので夕食は食べずにそのまま寝ました。

7:50のフライトなので早めにホテルをチェックアウトして栄駅に向かったのですが、始発は5:43でした。
大都会名古屋なのでてっきり5時過ぎれば電車もあるだろうと思って調べていなかったので大誤算です。
しかたなくタクシーで名鉄名古屋駅に向かい6:05のミュースカイでセントレアに向かいます。

珍しいJAL,ANA共用ラウンジですが混み合っています。
記事としては昔照会しているので割愛。
JAL200便(NGO-HND)ですが帰りもクラスJをスタンバイ。

搭乗開始になりましたがスタンバイの呼び出しはない。
仕方なくゲートで尋ねると「あっ申し訳ありません。予約で一杯になりました」と・・・・・雰囲気からして完全に忘れていましたね!

まぁ、クラスJで真ん中席になるよりも、帰りは非常口座席を事前指定したあったのでこちらの方がゆったりしています。
幸い隣も来なかったし。
Img_1712 Img_1713
そんなこんなで金曜日に休日出勤の代休取得で急遽名古屋へ行ったお話しでした。






   

 

 

| | コメント (4)

2019年6月 1日 (土)

FLIGHT OF DREAMS

中部国際空港セントレアに隣接する飛行機のテーマパーク(?)であるFLIGHT OF DREAMSへ行ってきました。
JAL201便(HND-NGO)で向かいますが、思い立ったのが木曜日の夕方だったので、事前座席指定では3列の真ん中が1席指定可能なだけでしたので、空港でのアサインを期待して早めに空港へ向かいます。
やはり「本日は真ん中席しかご用意できません」と言われてしまい、ダメ元でクラスJのスタンバイをする。
さくらラウンジに寄った後にクロワッサン目当てでカードラウンジも立ち寄ります。
01_1 02_1  
結局クラスJのスタンバイもカテゴリーSの1席のみで順番は回ってこなかった。
1000フライト以上乗っているけど、満席の真ん中席は人生初。

セントレアに到着して手荷物受取ターンテーブルの上では豚の歓迎。
インパクト大で宣伝効果は高いかも。
03_1

空港から鉄道駅の前を通過し、駐車場へ出てからひたすら歩きます(動く歩道あり)。
徒歩5分と書いてあったけど10分近く掛かった。
042
料金は大人1200円だけどネット前売りだと少し安い。
入場料を払えば真下まで行けるが、無料で入れるフードコートからでも十分近い。
中に入るとボーイング社によって鬼調教されて嫁ぎ先のなくなった1号機が置いてあります。
去年、問題になったロールスロイス社のエンジンですね。
04_1 06_1
05_1
光と音のショーも時々催されており、観覧する4階に行くには整理券制なのだが朝一で入館したので整理券は不要だった。
上から見下ろすと
左の明るいエリアは飲食エリアで無料で入れる。
07_1
約10分のショー なのですが、幻想的で綺麗ではありますが・・・・

機内に入りコクピットも見られますが、残念ながらキャビンは見られません。
08_1
09_1
本物のフライトシミュレーターもできるらしいけど予約制らしい。
空いていれば当日でも可能らしいが、ここにはなく別棟まで移動するらしいし、結構な金額なので見送った。
紙飛行機のコーナーやCAさんに扮する(コスプレ?)もありマニア向けというより子供向けなのかも知れない。
CAさんのコスプレで女装もネタにいいのだが(オッサン不可とは書いていなかった)愛知県警のお世話になりそうなのでやめておいた。

朝食がクロワッサンのみだったのでお腹が空いたのでフードコートで昼食を。
ボーイング社のあるシアトルの飲食店らしいが、全体的にお値段高め。
バックに飛行機を眺めながら食べられるので、その分の値段なのか。
名古屋の味は一軒もない。
シアトルのラーメン店のラーメンを食べたけど、味は微妙!しょっぱい!
10_1 11_1 
ふと上を向くと主翼にこんなものが・・・・
燃料投棄のノズルかな。
12_1 
マニアにはボーイング社オフィシャルストアもあり散財必至。
成田の航空博物館などに比べるとたいぶ柔らかい感じだった。

 

| | コメント (4)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »