« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月13日 (月)

大阪(伊丹)→羽田 ②

難波から歩いて日本橋へ向かいます。
いやぁ、中韓が多いね。
ハムショップも何件か眺めて、特に何か中古で良さそうなものがないか探します。
部品屋も見て、相変わらずニキシー管の時計キットを買おうかどうか迷い(結局購入せず)
共立電子の部品の自販機を見るも、ブレッドボードものに偏った選択。
駐輪禁止がベタベタ貼られているのはわかるけど、この横には
「排便禁止」が貼ってあった。百歩譲って立小便禁止ならわかるのだけど、こんな往来が
ある道端で・・・・「犬の糞は持ち帰りましょう」の意味じゃないよね。
B01_1 
やぱっり出たか!ガチャガチャ。(場所によってはガチャポン)
B02_1
淡路から蛍池の乗り換えついでに十三駅のそば屋へ。
すでに全国区になったポテそばの発祥の店です。
B03_1 
この日は暑かったのであっさりと・・・・・・・ポテざる
B04_1
あっさりとは言ったが本当に暑くなったら食べたくないと思う。
天ざるの天ぷらがフライドポテトになっただけで同じ揚げ物だ。
めんつゆに浸すフライドポテトのお味は意外にも悪くないです。

伊丹空港へ向かい早めにラウンジinです。
伊丹空港は改装工事の最中なので通路も狭く、店舗も仮営業なので混み合っています。
専用の保安検査レーンが利用できるのはありがたい。
B05 
今日は国内線ファーストクラスなのでダイヤモンドプレミアラウンジが使えます。
B06 
JALとANAで所謂スーパーシートの立ち位置の違いが出ます。
JALはマイレージ最上位と同位置でラウンジもJGCより良いものが使え、優先搭乗も一番先。
ANAはSFCと同じラウンジで、優先搭乗も2番目。
設置路線の数の違いもあるけど、JALはFクラス、ANAはCクラス程度の扱いなのかな。
ラウンジからの眺めは良く、飛行機好きには長時間でも飽きません。
B07
このラウンジはさくらラウンジに比べて食べ物が用意されています。
国際線のラウンジから見れば貧弱ですが、おにぎり2種、パン多種、スープ類2種ありました。
B08 B09_1
今日の搭乗機はB767でJA612J。
久しぶりにB767に搭乗しました。
Fクラスの1列のみで横2-1-2の配列です。
昔、ANAの国際線B767が3クラス仕様でこの配置でした。
しかし、2クラスの運用だったのでCでもFクラスのゆとりがあり好んで乗っていた。
15:30発の中途半端な時間ですが機内食が提供されます。
B10_1 B11
食後にコーヒーを頼んだのですが、飛行時間の短い伊丹-羽田線なので紙コップで提供された。
専用の紙コップがあるのですね。
B12
夕方には帰宅でき、家でサザエさんを見られました。



| | コメント (2)

2019年5月12日 (日)

羽田→大阪(関西) ①

通年行事になってしまった、QSL用の「飛行機にのって富士山」を強行してきました。
ANAのラウンジに行ってもいいのですが平SFCだとあられしかないので、朝食アリの情報に釣られてカード会社用のラウンジにしました。
このPOWER LOUNGEはカード会社のゴールド会員等で無料利用でき、朝食も提供されるとあって朝早くから長蛇の列です。
A01
このラウンジは2タミが運用開始した頃はANAのラウンジだった気がします。
眺めは立っている位置からは飛行機が見渡せます。
A02
飲み物はソフトドリンクは無料ですがアルコール類は有料。
この辺が航空会社のラウンジとは大きく違います。
A03  
提供されるのはクロワッサンでした。
先着順らしいので遅い時間だと残っていないらしい。
A04
 このラウンジは北サテライトにあり、今日の搭乗便は南サテライトの先端。
20分近くあるいてようやく到着した頃には搭乗が始まっていました。
A06
機材はA320neoのJA217Nです。
国際線機材なのでエコノミークラスにも各席にモニターがあります。
USBポートもあるのでスマホの充電もできると思います。
A07 
羽田周辺は曇っていましたが富士山周辺は晴れていました。
5月なので靄が掛かっているのは仕方ないです。
GW中はもう少し雪が多かったのですが、ここ数日の温かさでだいぶ減ってしまいました。
エンジンも入れたいのですが広角になってしまい富士山が小さくなってしまいます。
どっちが良いか悩むところ。
A08 A09
富士山も撮れたのでそこから先は早朝出発だったのでウトウトしていました。

関西空港に到着して電車の時間まで1時間近くあったので、またもやカード会社ラウンジに立ち寄ります。
保安区域外にあるラウンジは乗ってきた搭乗券があれば到着時も利用できるそうです。
年会費無料のクレジットカードが多い中、AMEXの年会費を少しでも元をとるべくラウンジ乞食です。
A10
あまり広くないし、窓もないのでなんとなく居心地の悪いラウンジでした。
A11
ソフトドリンクはフリーでスナックが3種類ありました。
A12
いつものようり南海のラピートで難波まで行きます。
ネットで予約決済するとスーパーシートが普通車と同じ510円で乗車できます。
関空についてからスマホで予約決済しても良いのですが、どうせ早い時間に日本橋界隈に着いてもお店が開いていないので前日に時間の余裕をみたラピートを予約決済してあったのでラウンジに立ち寄ったという訳です。
横から撮るといかついですね。
A13
横には大阪万博のPRがされていました。
A14
(続く)



| | コメント (2)

2019年5月 6日 (月)

はいさいフェスタ2019

今年のGWも沖縄へ行ったつもりで行ってきました。
場所は川崎駅近くのチネチッタ通り。
01  
美味しそうな匂いが充満しているけど、この後バイキングに行く予定なので我慢。
03 
ライブやミニコンサートも催されていたけど、テーブルがあるので大半は飲食に夢中。
02
ブラブラお店を巡り、オリオンビールのタオルを買ってエイサーに向かいます。
さいか屋が閉店し、駅前の再開発中なのでここ数年は毎年はエイサーの会場が変わります。
今年はより駅に近いヨドバシカメラの前なので、2階の踊り場から見学できそうと踏んでいた。
04
特に規制されることもなく、かつ混み合うこともなく、快適に見学できた。
05 
後ろは京急の線路。
車窓からもチラッと見えるはず。
06
最後は観客も入り乱れてのカチャーシー。
07
今回、エイサーを演舞してくれたグループ。
09
Yahoo!mobileの目付きの悪い可愛げのないゆるきゃらもいた。
(はいさいフェスタとは無感性)
意外にも子供たちにはこちらの方が人気だった。
08
17:30から日航ホテルのディナーバイキングを予約してあったので、エイサーを見た後にもう一度お店をブラブラして、ヨドバシで少し買い物をした後にレストランに向かいます。
特に今回はテーマがないバイキングでした。
1011
流石に若い頃のように皿からこぼれる程取ってくる事はなくなった。
13
酒は別の話で飲み放題ならいくらでも。
今年はクラフトビールも飲み放題料金に含まれていてGOOD.
12






 

 

| | コメント (2)

2019年5月 5日 (日)

静岡コンテスト

去年に県外電信1200で参加して1局だけのQSOにもかかわらず、賞状を頂けたどころか、副賞(ドナー賞)で美味しいお菓子詰め合わせ まで頂いてしまいました。
今年もお菓子に釣られてc1200xで参加です。
ちなみにJARL静岡には歴代レコードの一覧が載っているのですが、去年の1QSO3点で掲載されていました。(恥ずかし!)
1局以上QSOすれば消し飛ぶ儚いレコードです(笑)

設備は常設の
TS-790+10エレ八木
1200のアンテナは3本切替ているのですが、富士山に向いている1本だけ使用。

1QSOしかできない事を想定して、交信(終了)時刻の早い事が勝敗をわける可能性があるので、14時前からモニターしてQRL?が聞こえた周波数で待ち構えます。
14:00に1QSOでき、その後に2局QSOできたので上記の作戦は無用でした。
開始直後は富士山南斜面と途上に雷雲があり、高い周波数の1200なので空電こそ気にならなかったものの、伝搬経路途上で激しい雨が降っているせいなのか、何か違和感ある伝搬でした。

開始30分で3局QSO満足してしまい、後はたまーにバンド内をワッチする程度で終了時刻を迎えました。
Photo_9
結果は3QSO 9点×3マルチ=27点でした。
もう1局社団局が聞こえていたのですが交信に至りませんでした。
ブログを書いていて気付いたのですが、富士山向け1本なら切替器を通さず、ダイレクトでRIGに接続すればチャンスがあったかも。

交信して頂いた各局ありがとうございました。

| | コメント (2)

2019年5月 4日 (土)

東京コンテスト

今年は28MHzで参加しました。
相変わらず電信にするか、電信電話にするかはコンテスト開始後に決める事にしました。

ALL JAは静かでTKはビックオープンのパターンも多いので目標を決め難いのですが、9時の時点でEsの発生はなさそうなので、一昨年参加時の得点を参考にして100QSO40マルチに設定します。
設備は常設の
IC-7410+APHH-3
FT-991+HF10CL
今回はDPは設置せずに若干簡易な設備です。
常設でPCS-6800Hにつないであるモビホ(MD200+MDC10)のSWRが高く急遽HF10CLへ交換しました。
(後に基部のネジの緩みが原因だった)

9時の開始直後は参加局の動向を確認するために電信の呼び回りからスタートです。
続いて電話も聴いてみますが圧倒的に電信の方が賑やかです。
気になるコンディションも静かで1エリア中心の交信になりそうな感じです。

途中11時頃に電信で6、8エリアが聞こえてくるものの、電話ではちょっと厳しそうでビックオープンには程遠い状況です。
IC-7410で電信でRUNしつつ、FT-991で電話をモニターしながら6時間走り切りました。

Photo_6 
100QSOには届かず2017年より2QSO多い98QSO。
レートもほぼ同じような傾向です。
Photo_7
28MHzで23区制覇はかなり難しく半分程度埋まった感じでしょうか。
Photo_8
2017年より-5マルチだったので得点も1000点近く少なかった。
電信85:電話13で電信電話でログ提出しました。
ALL JAよりも賑やかで楽しめました。

交信して頂いた各局ありがとうございました。

 

 

 

| | コメント (6)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »