« 東京CWコンテスト | トップページ | 神奈川ハムの集い »

2018年10月30日 (火)

ローバンドのアンテナ

7MHzはモービルホイップを使っていましたがコメットのCHV-3 が一番良く飛びました。
7/21/50MHzのマルチバンド仕様でありながら7MHzに関してはモノバンド仕様のダイヤモンドのMD-200+コイル よりも良く飛んだ。
(伝搬も同じ事はないし、あくまでも個人的な感覚です)
10MHzは引っ越して以来ダイヤモンドのHF30CL を使ってきて、他のアンテナに替えていないので比較しようがないのですが可もなく不可もなくという感じです。

何本も生えていると見栄えも悪いし、相互に干渉しそうなのでなるべく本数を減らしたい。
そこで3.5/7/10MHzは折角買ったATU用のエレメントとAH-3を活用して1本にまとめました。
Ah3
何度かつけ外しを繰り返しているので防水カバーが汚いです。
エレメントは1.25mmのナイロン線で上に張ってあります。

今までいずれのモービルホイップも2.1mだったのに対して3.5mになったのでエレメント長は稼ぐ事はできたけど、それでも3.5mなので1/4λで21MHz用のエレメントにも満たない長さです。
大きなアンテナとは比較にもならないけど、7/10MHzは確実にモービルホイップよりは良い印象。地上高40mの利もあるのかもしれない。
3.5MHzはモビホよりも若干良い程度だった。
Vp6d
VP6Dも7/10MHzは比較的楽に交信できたのでアパマンアンテナにしてはそこそこ使える感じです。(立派なアンテナを使っている局には足元にも及びませんけど!)

|

« 東京CWコンテスト | トップページ | 神奈川ハムの集い »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

なるほど CHV-3ですか…。

ベースローディングよりセンターローディング、更にトップローディングが有利だと体感的にも感じています。

旭区は5F/5Fから MD200+MDC730HX と HF80CL でやってますが、スクリュードライブなアンテナで 7MHz~28MHz 対応しますけどチョッと扱い辛い印象が否めません。

VP6Dは10年前のこの時期にやり倒しましたが、今回は昨日今日で6バンドで交信できました。(多分Hi)

7MHzで1波長近い実効高があると楽しそうですね、南米や北米も房総半島の直ぐ向こう…。

その内、一升瓶のような本家スクリュードライバーに容量環を付けてやってみたいです。

投稿: JK1NLO/神奈川区 | 2018年10月31日 (水) 23時43分

>>JK1NLOさん

マルチバンドでCA-HVの7MHzエレメントも使ったのですが、同じ長さのセンターローディングにも関わらずCHV-3の方が良かったです。
ローディングコイルの位置の違いが読んだ事があるのですが、モビホの場合はベースのような大きいコイルを中間、先端には配置できないので差が出難いですね。
MDC730をお持ちなのですね。試してみたかったのですが高くて断念しました。
MD200は3.5/7/21/28/50のコイルを揃えてしまいました。

投稿: vxt | 2018年11月 1日 (木) 08時22分

アメリカ直輸入のスクリューですが
ローカルを転々として行方不明になりました
案外とでかい代物でしたね

皆さんの苦労には脱帽です
大昔のパンザーとトライバンダーが懐かしい
TA-33+40KRはでかい上に重く
勤務先の寮屋上ではTH-3jrにした

投稿: sky | 2018年11月 2日 (金) 09時56分

>>skyさん

スクリュー(可変)タイプは使った事がありません。結構お値段が張るので。
タワー時代も領空侵犯してしまうので14MHz uoしかピームは回せず。

投稿: vxt | 2018年11月 2日 (金) 20時41分

まだ会場にいらっしゃいますか? 12:52

投稿: JK1HAF | 2018年11月18日 (日) 12時52分

ごめんなさい

表彰式とお弁当貰って帰ってしまいました。

投稿: vxt | 2018年11月18日 (日) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1878908/74499613

この記事へのトラックバック一覧です: ローバンドのアンテナ:

« 東京CWコンテスト | トップページ | 神奈川ハムの集い »