« 愛・地球博記念コンテスト | トップページ | 6m AND DOWN コンテストの結果 »

2017年10月 9日 (月)

全市全郡コンテスト

今年も28MHz電信部門(C28)に参加しました。

アンテナ同士の干渉を避けるために余計なアンテナを外してシンプルにしました。
RIG:IC-7410
ANT:北向き ダイポール
   西向き V型ダイポール

コンディションによって得点が大きく左右される28MHzなので目標を決め難いのですが、コンディションが良くはなさそうなので、150局×100マルチ=15000点を目標にして、とりあえずは昨年の自己得点の12848点を超える事にした。

参加局の少ない28MHzなので開始直後でも他のバンドのようなレートにはならないのですがかなり少ない印象です。
全体の参加局が少ないとみるか、他のバンドのコンディションが良く28MHzまでQSYしてくるタイミングが遅いとみるか難しいところです。
Photo
21時台は少なかったものの、22時~23時台は好調だったので、いつも通り仮眠までで50QSOを終えて01:30-05:00まで寝た。
グラフを見る限りは例年と殆ど変わらない感じで、コンディションの劇的なオープンもなく夕方を迎えました。
日が暮れるとパッタリと呼ばれなくなるので、この時間を利用して風呂と夕食を済ませてしまいます。
終盤もPCは頑張ってCQ連呼しているものの、私自身はダレきっていています。
それでもポツリポツリと呼んできて頂いた局がニューマルチだったのは嬉しかった。
Photo_3
目標の150QSO×100マルチには僅かに届きませんでした。

マルチはいつも安泰な3,6,8エリアが全くできず、近隣の2,7,0エリアと4,5エリアで関東は山梨県が1マルチもできなかった。
殆どは東京、神奈川で稼いだようなものだった。

交信して頂いた各局ありがとうございました。

|

« 愛・地球博記念コンテスト | トップページ | 6m AND DOWN コンテストの結果 »

コンテスト」カテゴリの記事

コメント

免許切れのため今年はお呼び出来ず申し訳ございませんm(_ _)m
今使えるコールもCW出られず…
あと2ヶ月したら新規コール開局申請する予定ですw

投稿: ex-acw | 2017年10月 9日 (月) 07時47分

夜も元気でしたね
QRP 5Wで大胆にパート参加
朝早くワッチするも殆ど聞こえず
昼前から出掛けて外で食事
春鹿大吟醸が美味しかった
いい耳を持ったクラブが少なくがっかりでした

投稿: sky | 2017年10月 9日 (月) 08時57分

お疲れ様でした。かなり交信されましたね。
今回はX28Pで参加していました。ほとんどCWでしたが。。
午後のスキャッターでは北海道~沖縄まで全国の信号が聞こえておりましたが、、如何せんQRP+ベランダアンテナでは相手にしてもらえず、ストレスが溜まりました。
交信に至らなかったQSOが数十局ありましたが、それを加味しても150QSOには及びません。
VXT局のロケの良さも効いていますね。

投稿: LRQ | 2017年10月 9日 (月) 10時02分

>>ex-acwさん

去年のログを見ながら参加していたのですが、去年のトリはACWさんでした。

>あと2か月
何か狙っているサフィックスでもあるのでしょうか?
まさかの1102で1kW?

投稿: vxt | 2017年10月 9日 (月) 10時38分

>>skyさん

>夜も元気でしたね
いやぁ、歳なので夜はサッパリです。hi!
クラブ局はOP差が大きいですね。
昔から28は新人クラブ員がデビューするバンドなので、きっと来年は育ってくれるでしょう。

投稿: vxt | 2017年10月 9日 (月) 10時43分

>>LRQさん

QSOありがとうございました&お疲れさまでした。
Scはあまり聞こえませんでした。
8エリアは呼んで頂いたのですが、交信に至らず。九州・沖縄は全く聞こえずです。やはり2エレ程度は欲しいです。
C28だと思っていたのですがX28でしたか。

投稿: vxt | 2017年10月 9日 (月) 10時54分

>>LRQさん
X28でしたか
SSB/CWの割り当てはどれくらいでしたか?

投稿: sky | 2017年10月10日 (火) 11時32分

ログ提出リストにカテゴリーまで表示されるので「後出しジャンケン」が可能になってしまいました。

提出局の状況を見てPHONE分をチェックログとしてX→Cへ変更も可能になってしまいました。


投稿: vxt | 2017年10月10日 (火) 11時49分

なるほど後出しじゃんけんか
そういう駆け引きが許されるシステムは可笑しいね

投稿: sky | 2017年10月10日 (火) 12時31分

>>skyさん

今までもCで出ていてもSSBをモニターしていて動向を把握したり、PHONEだけ出ている局を保険でQSOしておいて、Xで出すかCで出すかのテクニック?はあったけど、これだと提出した局のカテゴリーを見てから決められる。
まぁ頑張った局が競合を避けて入賞を狙えるようにはなりますが、意外性で入賞が減ってしまいそうです。

投稿: vxt | 2017年10月11日 (水) 08時07分

そう、意外性があって楽しいんだけど
今回のそれは裏を見ると悲しいね
そこまでするか、と意欲が失せる

投稿: sky | 2017年10月11日 (水) 08時57分

QSOありがとうございました!
すぐに発見できました。なかなか忍耐が必要なバンドですが、一貫してCQを出されている姿勢に脱帽です。

投稿: jk1wsh | 2017年10月11日 (水) 23時09分

>>jk1wshさん

こちらこそQSOありがとうございました。
いつもコンテストでありがとうございます。

C1200も出るようになってから28MHzが賑やかに感じるようになってしまいました。
通りすがりの参加者が多い28MHzだと、どうしてもRUN中心になってしまうのですが、空振りCQ20回に1回くらいバンド内をワッチしておりました。

投稿: vxt | 2017年10月12日 (木) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1878908/71921652

この記事へのトラックバック一覧です: 全市全郡コンテスト:

« 愛・地球博記念コンテスト | トップページ | 6m AND DOWN コンテストの結果 »