« XPOコンテスト | トップページ | 愛・地球博記念コンテスト »

2017年9月21日 (木)

ダブルツェップ Ver.2

28MHz 1/4λ,50MHzは1/2λのモビホ2本を組み合わせてダイポールにしたダブルツェップ ですが、XPOコンテストで芳しくない事がわかった。
5月に設置して50MHzは普段から使っていたので問題なさそうだったのですが、28MHzがダメなようです。
RBNで確認してもかなり弱いのがわかります。
ALL JAと東京コンテストはこれにする前だったので、横コンはこのダメなアンテナで出ていましたが、何とか乗り切ってしまったようです。
そこで給電部を元のように建物から離した設置にしました。
私の持っているCQオームのダイポール用の基台は挟角90度なので、28MHzはV型DPで良いのですが、50MHzは1/2λ×2なのでそれぞれのエレメントから放射が合成されて無指向性になってしまうようなので、180度近い150度程度の挟角にしました。
Img_0840

RBNで28MHzを調べると10dB以上の違いがあり、手すりに給電部を設置していたときがいかに飛ばなかったのかわりました。
片側はCHL-350なので28/50MHzのデュアルバンドなのですが、もう片側はMD200なのでコイルを変えなければなりません。
普段は50MHzのコイルをつけているので、28MHzでコンテストに出るときは一旦引き寄せてコイル交換が必要になるのが少し面倒です。
ただ、何故か50MHzのコイルのままでも29.3MHz辺りのSWRは1.0まで下がるので10mFM用には動作してくれるようです。(これは手すりにつけているときも同様でした)

|

« XPOコンテスト | トップページ | 愛・地球博記念コンテスト »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

10dBの差は大きいですね。水平系は建物近いと影響大きい?かな
何はともあれ利得が上がって良かったです
\(^-^)/

投稿: ex-acw | 2017年9月22日 (金) 07時43分

>>ex-acwさん

あれ?この局がこの強さ?
って感じだったので気づきました。

投稿: vxt | 2017年9月22日 (金) 13時11分

我が家の窓手すりアンテナですが
同じエレメント長でも日によって性能が違った
壁面や手すりの影響が大きかった
マストで外に30㎝程度出したら
その影響は少なくなりました

投稿: sky | 2017年9月24日 (日) 09時12分

>>skyさん

雨粒がつくと共振点は変化します。
短縮が大きいほど顕著でした。

500mmほど突き出しましたけど全然違いました。
1本もの?のモビホは建物と直角に出していますが案外良好に動作しています。
ちょうど絶壁の山から横にバーチカルを設置したようなものなのでしょうか。

投稿: vxt | 2017年9月24日 (日) 09時40分

ANTは面白いね
大昔、4階にいた頃
3.5/7/14トラップダイポール
ほぼ7のフルサイズでしたが
隣のベランダの端から我が家の端まで半分のエレメント
ほぼベランダの床に近かった
半分はベランダ天井から真下の垣根まで逆垂直
隣の棟との隙間を通ってきた方向も少し飛んだ
この頃の珍マスカット・オマーンは交信出来たのに
コンファーム出来ていない 涙!
CBやQRZ.COMも無かった‥

投稿: sky | 2017年9月24日 (日) 22時35分

>>skyさん

やっぱりフルサイズはイイですよね。
こっそり細いステンレス線で張ってしまおうかな。

投稿: vxt | 2017年9月26日 (火) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1878908/71763647

この記事へのトラックバック一覧です: ダブルツェップ Ver.2:

« XPOコンテスト | トップページ | 愛・地球博記念コンテスト »