« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月13日 (日)

電源アダプター

無線機には40Aの安定化電源を使用しているのですが、ハンディ機など常時ONにしておきたいものには2Aの電源アダプターを使用しています。
TS-660もこの常時ONのグループに入れたいのと、2AだとID-92の送信(滅多に送信しないけど)の際に5Wの出力には不安があるので、5Aの電源アダプターを新調しました。
定番の秋月電子の12V/5Aのもの を使います。
実は10年ほど前に移動先でFT-817の電源として買ったのですが、引っ越しの際にどこかに行ってしまったようで改めて買いました。
12Vなので無線機で使うには少し電圧が低いので定番の改造を施します。
詳しい改造方法はネットに多数転がっていますのでそちらを参考にして下さい。

まずは買ったばかりの電源を分解。
国産のケミコンを採用と書いてあったが偽りはなかった。
Avr1_2
改造個所は1カ所のみでR37を2kΩに取り換えるだけ。
Avr2Avr3
チップ抵抗に交換するのがスリムなのですが、チップ抵抗を大量に買っても使いきれないので、ここは他でも使えそうな普通の1/6Wの抵抗で済ませます。
いくら1/6Wでもチップ抵抗よりは大きいのではみ出してしまうので、念のために絶縁紙を敷いておきました。
ちなみにノーメックスという200℃超えにも耐えるものです。
Avr4
改造後の電圧は14.21V(無負荷)でしたのでやや高いものの+3%程度なので全く問題ない範囲。
抵抗2本の組み合わせを微妙に変えたり、100本買いした2kΩを1本1本の抵抗値を調べて追い込むことも可能ではありますが面倒なのでやりません。
アダプターの右上にねじの頭が見えていますが、ここには左上のようなシール式のゴム足がついています。

100V側は無負荷で12.71mA流れていました。
トランス式の4A程度の電源だと、励磁電流は100mA以上あるでしょうから、常に通電しておくにはやっぱりスイッチング電源ですね。
デジタルパワーメーターで消費電力も測定しようかと思ったのですが、普段はこんな少ない値の測定はしていないのでCTが繋がっていて接続を替えるのが面倒だったので測定しませんでした。
Avr5

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

TS-660

またつまらないものを買ってしまいました。
TS-660・・・・開局当初にサブ機として欲しかった。
当時の入門バンドといえば50MHzか21MHzで同世代のハムも多かった。
まだHF機に50MHzが入っていない時代で21/50MHzの両方が出られるRIGは入門機としてはベストな組み合わせです。

Ts660
2か月ほど前に中古でみつけてFMユニット入りなので買ってしまいました。
動作には問題なかったのですがメーターの照明がLEDにされていて、品のないゴールドのダイヤルが気になるところです。
あとコツコツ延命化しようと劣化しやすいリレーはピンコンパチを秋月で見つけたので購入済み。
その他にも在庫が少なくなってきたそうなので3SK73GRもサトー電気で購入、何かと問題が出やすい2SC460の互換品も用意しなくては。

IC-7410が28/50MHz以外のバンドを選択してある時に北向きのV-DPがTS-660に接続されるようになっている。
HF10CL(28MHzの2.2m長のモビホ)は普段FT-991で28MHz以外が選択されている時にPCS-6800Hに接続されるようになっている。
29FMに力を注いでいる訳ではないけど常に受信可能な体制になってしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

事前購入

FDはFT-991のテストを兼ねて少しだけ28,144,430MHzと21,1200MHzのCWで少しだけ出ました。

さて、今年は9月に入ってからの開催になったハムフェアーですが、去年はチケット購入の長蛇の列にウンザリ。
今年は150円高くても良いので並ぶ時間が少なくて済む前売りを手配しました。
Hamfair
これで暑い中オッサン達の中に(自分も十分オッサンなのだが)並ばなくて済めば安いもの。
また海上バスの時間に合わせてゆっくり行くかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ