« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月11日 (日)

ARRL 10m コンテスト

このコンディションの悪い中でどの程度聞こえるのか呼び回りだけですが少し出てみました。
先日、設置したモービルホイップ2本のV型DPの効果を確かめるのが目的で得点は度外視です。

普段はCHL-350(28MHz 1/4λ、50MHz 1/2λ)とCA-HV(28/50MHz 1/4λ)の組合せで常設してあるのですが
Img_0082
Img_0208_2
28MHzのコンテスト時には短い方のエレメントをHF10CLにして両方共に長いエレメントにして使います。
Img_0204
エレメント長は両方とも2.2m程度なので短縮も小さく済んでいるのでかなりの効果があると予想しています。
方向は020°なので北米方向。

28MHzは普段ビーコンとなる局がいないし、CQを出している局がいたとしても呼ぶ局も少ないのですぐにQSYしてしまうのですが、28MHzだけのコンテストであるARRL 10mなら国内の局も長時間QRVしているのでじっくりと比較できます。

日曜の朝の北米を期待していたのですが殆ど聞こえませんでした。
南米は何局か聞こえてきました。
N5,CX4,CW5,PP5の4QSO

先日に西側のバルコニーに移設したMD-200+MDC10HXも2.2mの長いエレメントなのでアジア、オセアニアに対して思った以上に聞こえ予想外に使えるアンテナでした。
BY,BV,,DU,VR2,XV,VK,ZL,A31,YC,9M6,HSがQSOできました。
これといったところはないのですがアンテナの効果は確認できました。

コンテスト時は北方面はV型DP、西方面はRADIXのV型DPを設置、サブとしてMD-200で垂直偏波と西日本方面のEsもカバーの3本体制になりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »