« JARL90周年記念アワード その2 | トップページ | エアバンド受信アンテナ »

2016年6月17日 (金)

またまたアンテナ変更

GW中に休日出勤になってしまい、ようやく仕事もひと段落したので今週は代休を取得していました。

また少しアンテナを見直そうと計画をしていたので、梅雨の中休みを狙ってアンテナいじりです。

まず、50MHzのアンテナを1本増設です。
コメットのCA-285という144MHz5/8λモービルホイップで50MHzはほぼ1/4λ動作をする昔からあるアンテナを2本入手して、CQオームで販売しているモービルホイップでV型ダイポールにする基台を購入して北向きのV型DPを設置しました。
Ant1
価格的にはRADIXのV型DPを買った方が安いのですが、エレメントがアルミパイプではなくステンレス線で途中にコイルも入っていないので地上からは殆ど見えないのかこの組合せにした理由です。

50MHzのV型DPを常設したので、3.5/28(29)MHzでコイルを交換しながら使っていたMD-200を移設です。普段は3.5MHzのコイルを付けてあります。
Ant2
東方向に水平に振り出しているので、コンテスト時は28MHzのコイルに交換すれば、50MHzのV型DPと同じく北方面に特化したアンテナになりそう。

29MHz FMで使うアンテナが無くなってしまったので、以前に使用していたHFB-10という1m足らずのアンテナを復活させました。
これは西側のバルコニーに斜めに設置しました。
Ant3
設置していざ調整しようとしたら、エレメントを固定しているイモねじの山が壊れてしまいました。
いろいろトライしてみたのですが全然ダメで、短く調整したかったので、どうせダメならカットしてしまおうと、ボルトカッターで先端を落とし調整しました。
球状の先端だったのですが切りっぱなしになってしまいました。
コロナ放電もしていないので使えそうです。

|

« JARL90周年記念アワード その2 | トップページ | エアバンド受信アンテナ »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

Radix 50MHz V-DP
エレメントなら遊んでいたのだ
RDCシリーズの残党でして
同40コイルもある
移動用として古い基台もあったかな

投稿: sky | 2016年6月18日 (土) 16時24分

>>skyさん

私もRD-Sシリーズは持っているので、これを常設しようとも考えました。
テストして気付いたのですが、モノポール+ATUの方がS1良かった。
5/8λ動作と1/2λの違いというより、電流の腹が建物から離れる要因のような気がします。

投稿: vxt | 2016年6月19日 (日) 01時04分

我が家は窓手すり取付の為
設置した時に不安定なことが多かった
そこで30cm程度外側に外したら安定した
ただ、バンドチェンジが偉く面倒になった!

投稿: sky | 2016年6月19日 (日) 06時17分

>>skyさん

少しでも建物から離したいのですが、40mという高さにビビッてしまいます。
やはり手が届く範囲でないと不安で・・・・
手の届き難い片側のエレメントを28/50MHzのエレメントにしておき(50MHzでは短縮なし)、手の届く側を普段は50MHz、コンテスト時は28MHzに変えて使うのも検討中です。

投稿: vxt | 2016年6月19日 (日) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1878908/66067382

この記事へのトラックバック一覧です: またまたアンテナ変更:

« JARL90周年記念アワード その2 | トップページ | エアバンド受信アンテナ »