« 関東UHFコンテスト | トップページ | 東京CW/東京UHFの結果 »

2016年2月14日 (日)

1200MHzの同軸切替器

中古無線機の販売店で2回路の同軸切替器が出ていたので購入しました。
コロナ電業のCX-903WHというモデルで、型番から推測するとパーソナル無線全盛時代に発売されていたのでしょう。
もちろん全てN型仕様。
Dscf3455
1200MHzまで対応で通過電力は50Wらしいのですが、リレーを見る限りは50Wは厳しそう。
1200MHz(10W)で使う分には通過電力は問題ないです。
2系統を一括切替の仕様なのですが、高周波リレーが2個入っていて並列で動作していれば改造して個々に切替可能だと考えていたのですが、そう甘くは無く珍しい2回路の高周波リレーが入っていました。
北方面:GP & 10el ループ
西方面:モービルホイップ & 10el F9FT
の4本のアンテナがあるので、機械式の同軸切替器(CX210N)で北/西を切り替えて、このリレー式の切替器には無指向性と指向性の切替の役割をさせました。
先日の関東UHFコンテストで使用したのですが、メカ式とリレー式なので結構めんどう。

さらに計画があり、手持ちの高周波リレーを使って残る機械式の同軸切替器も換装予定です。そうすればロータリースイッチを使って切替可能なので使いやすいと思います。

|

« 関東UHFコンテスト | トップページ | 東京CW/東京UHFの結果 »

自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1878908/63942551

この記事へのトラックバック一覧です: 1200MHzの同軸切替器:

« 関東UHFコンテスト | トップページ | 東京CW/東京UHFの結果 »