« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月25日 (日)

東京CWコンテストに参戦しました。

前夜は出掛けていて遅くなってしまい、何の準備もせずに朝を迎えてしまいました。
5時に起きると台風並みの暴風でビビッてしまい28MHz用のV型DPとモノポールを展開するのを躊躇ってしまいました。
常設のアンテナで対応できそうなのは144MHzか430MHzなのですが、両者でマシなのは西向きのアンテナもある430MHzだったので急遽430MHzで参戦する事にしました。

スタート時に430.051MHzのバンドエッジを確保できスターとは幸先良いようでそこそこのレートで進行します。
7時台も同じようなレートですが8時から急にレートが落ちます。
9時台でやや回復するものの6~8時までの勢いにはならずに終了。
Tkcw
とはいえいつもの28MHzとは違い空振り10分程度なので、まずまず退屈せず楽しめました。
関東全県のマルチはできたものの、1エリアから先が伸びず18県すら交信できず。
結局3000点に僅かに及びませんでした。
Tkcw_2
430MHzでは比較できないし、このバンドの常連局もいたのでそれらの局を超えるのは難しいでしょう。
交信して頂いた各局ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

オホーツクコンテスト結果発表

7月18~19日に開催されたオホーツクコンテストの結果がJARLオホーツク支部より発表されていました。ココ
ちょうど横浜コンテストの準備をしていたので、断続的に28MHzのコンテストに使用する周波数を聞いていたのですが何局か聞こえていたのでコールしました。
SSBで3局、CWで1局の交信だったので「もしかしたら」と思いログ提出をしていたのですが、まさかの28MHz部門の1位でした。
Photo
やっぱり1局でも交信したらログは提出しておくものですね。
交信して頂いた4局の局長さんありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

オール千葉コンテスト

県外電信電話1200MHzで参加しました。
今回が初めて本格的?に参加です。

横浜から見ると距離はあるものの、東京湾を挟んだ対岸になる場所が多いので何とかなりそうな感じです。
房総半島の南側半分は自身の建物の影になるものの、この辺りは移動運用が多いエリアなので相手のロケでカバーできそうですし、人口密度(局数)が多いのは圧倒的に北部に集中していそうです。
とりあえずCWを聞いてみますが誰もいません。
FMでも参加局は少なく1200だけで頑張っているのはクラブ局だけでしょうか。
1時間もしない内に空振り連発で気持ちが折れてしまい、オールバンド電信に変更しようかと各バンドで呼び回りましたが、それでも気合が入らず途中でヤメてしまいました。
そんな時に轟音がしました。
自衛隊機や米軍機が低空で飛行する事は多いのですが、日曜に飛ぶことは少ない。
低空で飛行すると何が飛んでいるか窓から確認する事が多いのですが、なんとブルーインパルスが飛んでいた。
見る際は双眼鏡かカメラを持ってバルコニーに飛び出る事が多いのですが、今回は偶然にもカメラを持って出た。
Blue
音が聞こえてからカメラを持ってゆっくりバルコニーに出たので既に北の方へ飛び去った後だったのですが何とか撮影できました。
距離もあるし、水蒸気も多いのでハッキリは撮影できなかった。
今日は観艦式だったのでその帰りなのでしょうが、何故にこんなところ(たぶん横浜北部かな)でスモーク?
観艦式で余った分を放出か?

15時30分頃から思い出したように1200に復活して断続的にCWとFMを交互に運用しました。
結局10局強しかできず内CWは2QSO。
県外局1200は他にも居そうですが、どうやら私と同じで断続的な運用なようです。
1200MHzで1stQSOの局も何局かできたので満足でした。

交信して頂いた各局ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

全市全郡コンテストに参戦

今年は珍しく28MHzの電信電話部門(X28)で参戦しました。
そのためにヘッドセットのアダプター を急いで製作しました。

21時のスタートはPHで呼び回りで普段でない28PHの様子を窺います。
その後はCWで呼び回り、その後にCQ。
PHもあるので普段よりは高レートで進行しますが、所詮28MHzなので長続きはしません。
オールバンド組はお客さんの多い3.5MHzでしょうから、ハイバンドに到達するまでには時間が掛かりそうです。
CWは常連局の信号が聞こえますが、どうやら電信部門のようでPHでは聞こえてきません。
電話には昨年の優勝局がいますが、この局はどうやらPHのみでCWにはでないようです。(過去に一度もCWでQSOしていないので)
0時で一旦終了して睡眠を確保して翌朝6時に再開。
レートのグラフは一昨年(去年は参加できなかった)の電信だけのものと比較していたのですが、殆ど同じラインをトレースしています。
Acag
PHも出るので1.5倍程度をイメージしていたのですが電信部門と同じなのは頷けません。
比較するにも運用場所も部門も違いデータなので気にしない事にしました。
途中買い物に出掛けたり、他の事をしながらの参戦でした。
18時過ぎると呼ばれないのはいつものこと。

県単位だと1エリア全都県+静岡はクリアして、他は岩手、愛知、岐阜、兵庫、岡山、広島、高知しかできませんでした。
コンディションも悪いとは思いますが、そこそこ高さがあるとはいえDPではこの辺が限界なのでしょうか。
CW97/PH51で圧倒的にCWの局数が多かった。
Acag_2
得点は去年の優勝得点は越えたもののここ約10年では最低だった去年に次になる低得点なので上位に手が届くかは微妙です。

QSOして頂いた各局ありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

PC用のヘッドセット

今週末の全市全郡コンテストのためにPC用のヘッドセットと接続するためのアダプターを作ってみました。

元々、移動運用用に同じものを作った事はあるのですが、引越しの際に行方不明になってしまったので再製作です。
Ptt1

回路という程のものではないのですが、ヘッドセットのマイクからの音声はコンデンサーを通してRIGへ。
コンデンサーはMUSEのBPコン10μFを奮発(10円高い)
ヘッドセットのマイクの電源はRIGのマイク端子からの電圧を1kΩの抵抗を通して供給(抵抗値は適当)
おまじない程度にFB225と0.1μFでフィルターを通してRIGへ向かいます。
PTTは少しこだわりがあって、普通のプッシュスイッチではなくミヤマのMS-300というスイッチが気に入っています。
このスイッチはクリック感があり、モーメンタリー(押している間だけON)なのですが、オルタネート(一回押すごとにON/OFFを繰り返すタイプ)のような感覚が好みで、PTTにはいつも使用しているスイッチです。
スイッチの色ですが、何でも良いのですが赤だけは頂けません。
映画でよくあるテロリストの起爆スイッチ風になってしまいます。

RIGとの接続はMIC8Pの中継ジャックにしてあり、ピンアサインはアドニス仕様にしてあります。
普段はアドニスのスタンドマイクを使っているので、ここを外して繋げばOKですし、移動運用の際はアドニスの各社用の接続コードで対応できます。
ケースにはブッシュをつけてインシュロックで抜け止めにしてありますが、抜けに対してOKでも捻じれに弱いので、信越シリコンを充填して固定してしまいました。
Ptt2
ただ、これをしてしまうと壊れたら捨てるしかなく、移動先でトラブルが起きた時に対応しにくくなるのが難点です。
移動運用を考えるとプリント基板を長めにしてコードをインシュロックで固定する方が良かったかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

横浜コンテスト表彰式&懇親会

昨晩、横浜コンテストの表彰式があったので参加しました。
Dscf2515
今年は何とか入賞を果たし、市内電信3位の成績でした。

その後の懇親会も参加させて頂き、いろいろな局との楽しい時間を過ごさせて頂きました。
呑み足りない語り足りないので2次会まで雪崩れ込み今朝は頭痛っ!

コンテストで交信して頂いた各局、会場でお会いして頂いた方、ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »