« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月23日 (水)

愛・地球博コンテスト

バンド、モードとも7月の6Dに参戦した時と同じCVU(50MHz以上のマルチバンド電信)に参戦しました。

スタートは1200MHzからです。
誰もいないかと思ったのですが1局いました。
RUNするも呼ばれないので早々に50MHzへ
さすがに50MHzは呼ばれるものの長続きはしません。144MHz、430MHzは更に少なく2~3局居る程度。
4つのバンドをグルグル回り24時を迎えました。

実はこのコンテストの第一回の際にCVUにエントリーして優勝した経験があります。
今とは開催時間が違い0時~12時の12時間だったのですが、その際の得点468点とこの3時間で同じ得点をスコアできました。

さて寝ようかと思った時に1200MHzのメインチャンネルで無変調がでていて、バックでTVの音や時々別のバンドをモニターしている様子が聞こえます。
モードを切り替える時にCとかNとか聞こえるからKENWOODのRIGかな。
この時間でCWやCWナローを切り替えるという事はHFか。
この無変調はかなり強かった。
GP、北向き、西向きのどのアンテナで受信してもS9+40です。
転居して間もないのでご近所さんが出てくればわかるように常にハンディ機(C560)でモニターしているのですが、この全長数センチのアンテナでもS9振っているので超強力です。
C560
結局30分以上垂れ流してようやく停波しました。

翌朝6時から再スタートです。
早朝は局数が少ないのはわかっていたのですが、やはり時々呼ばれる程度でした。
50MHzは近県のマルチは揃ったのですが、430MHzは2マルチで停滞しています。
11時過ぎてから皆さんラストスパートなのかレートが上がってきました。
Ai
結局、どのバンドも群馬、山梨はできず、1エリア以外は50MHzは静岡、長野、広島、144MHzは静岡、長野ができたのみ。
430MHzいたっては千葉すらできませんでした。
1200MHzはあまり期待していなかったのですが、東京、茨城のみ。せめて神奈川、埼玉は欲しかった。
Ai_2
結局、2000点に微妙に届かず。
2009年(第4回)の2490点のレコードを更新できませんでした。

交信して頂いた各局ありがとうございました。
おかげさまで貴重なポイントになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

1200MHzの違法局

430MHzの違法局は今さら記事にするまでもなく、平日の日中のバンド内を聞けば、頭の悪そうなダミ声がいたるところ聞こえてくるのはご存知だと思います。

「1200MHzは違法局もいなくていいなぁ」
私もそう思っていました。

ところが天気の良い休日にバンド内を聞くと結構でているのです。
430MHzの陸上系とは違い海上系違法局です。
話の内容からする遊漁船のようです。
それも複数の周波数で出ているので、遊漁船連中では1200MHzを使う事を示し合わせているようです。
奴らも心得ているのか1295.30MHzより上を使っている。
430MHzトラック連中に比べれば貧弱なシステム、おそらくハンディ1W程度なので影響は少ないだろうし、聞こえている局も少なく気付かれないのかも知れません。

今日はメインチャンネルまで使っていて騒がしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

XPOコンテスト

XPOコンテストに参戦しました。
去年は転居間もなくアンテナの準備が間に合わなかったので参加できなかったのですが、今年はC28で参戦しました。

アンテナを西方面用にV型DPと北方面用(関東一円)28MHzのモービルホイップを設置して朝6時の開始を待ちました。
スタート・・・・・・・全然呼ばれないし誰もでていない。
開始から30分以上呼ばれません。
さすがにここまでくると心が折れてヤメようか考えてしまいます。
結局6時台は1QSOのみでした。
7時台も疎らにしか呼ばれません。
以前に参加してわかっていたのですが、ここまで呼ばれないとキツイです。
8時になってようやく参加局も増えてきたようです。
北方面のモービルホイップが悪くはないのですが、いつも使っているモノポールと比較したかったので9時頃にモノポールに変更。
コンテスト終了後のリバースビーコンの情報を見てみたらモノポールの方が強いようなので、これからはモノポールに決定。
日中は中国(大陸の)にも届いていたようなので問題ないでしょう。
Xpo
コンディションも悪いようで東京、神奈川しかQSOできずマルチが全然増えません。
28MHzでエントリーしている局も9時頃から1局、昼頃から1局程度のように思います。
結局、1エリアのマルチ+長野、岐阜、広島で終了。
局数こそ56QSOできたけどマルチが圧倒的に少ないので入賞も難しいかも。

明日の夜からの愛・地球博コンテストはCUV(50MHz以上のCW)ででようかな。
でもXPOの50MHzでさえ殆ど聞こえなかったのでU/Vは苦痛かな。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

AMラジオを作った

久々にAMラジオを作ってみました。
AMラジオ・・・・自作の原点ですね。AMラジオを作るために初めて半田こてを握った人も多い筈。私も小学生からいろいろなラジオを作りました。
そんな話を会社でしていたら「初めてラジオを作り、スピーカーから鳴った時の音って覚えているもの」という話になり、確かに私も記憶があった。
私の場合ニッポン放送の夕方の番組で「京成のCM」だった。

最近はラジオを作る事もなかったのですが、ベッドサイドに置くラジオが欲しくなり1台作る事にしました。
Photo
地震などの災害の際にスイッチを入れてすぐに音が出る事を考えたので、ボリュームと電源スイッチは独立させました。
Photo_2
回路は超簡単なミツミLMF501を使い高周波増幅と検波を行い、秋月のTA7368を使ったアンプキットでスピーカーを鳴らすための増幅を行っています。
あとはニッケル水素電池にしたので1/20C以下で充電する回路を入れたシンプルな構成です。
Photo_3
ストレートラジオは音が良いと聞いたので、ケミコンをオーディオ用のFINE GOLDを奢ってみました。AMラジオには豚に真珠か。
スピーカーもφ58mmのドッシリとしたものを使いました。
AM放送は音楽を聴くよりもトーク番組を聴く場合が多いのでインダクターで高域カットもできるようにしました。

LMF501、TA7368共に発振しやすいとの噂でしたが、電源周りにしっかりパスコンを要所に入れてあり、バーアンテナとのクリアランスも確保したので発振はありませんでした。
ストレートラジオは選択度が今一つなのですが、バーアンテナはセンタータップから出力させ高感度を求めなかったので、在京局は全て受信でき混信も皆無で普通のスーパーの回路と遜色はありませんでした。
ほぼNHK第一に固定なのですが、ラジオ深夜便を聞くには丁度良い音色で小型ラジオにありがちな高域シャカシャカ感がなく落ち着いた音色で疲れません。
消費電流は10~15mA程度なので内蔵のニッケル水素電池でも長い時間鳴らせそうですが、秋月電子の安価な太陽電池パネルでも繋いでおこうと検討中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月13日 (日)

一海通の免許到着

一陸技+二海通で第一級海上無線通信士の免許が手に入りました。
ベースになった二海通も二陸技+三海通で手に入れたものだし、三海通も四海通で工学免除で手に入れたものなので、まともに全科目受けたものは四海通だけ。
四海通も昔ならば二アマで工学が免除になったと思う。

さて、免許の申請方法だが2枚の従事者免許番号だけでは申請はできない。
とりあえず日本無線協会へ一海通の合格証明を発行してもらわなくてはならない。
要するに試験の出願と同じプロセスで、試験を受けずに合格通知を受取る。
しばらくすると協会からコピー用紙にワードか何かで印刷した、有り難味が全く感じられない合格通知が届く。
Photo
ここでやっと従事者免許申請ができる。
で、先日従事者免許が送られてきました。
関東だともう30人以上に交付されているようです。
地方発行だと1番GETできたかな。
Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »