« 神奈川非常通信訓練コンテスト | トップページ | コメットCHV-3 »

2015年4月 5日 (日)

コメットCA-HV

中古でHFのモービルホイップを購入しました。
コメットのCA-HVという少し古いモデルなので、基本は7/21/28/50/144/430MHzに対応しているのですが、オプションの14MHzと18MHzのコイルが用意されています。
購入したアンテナには14MHzのコイルが付いていて28MHzのコイルがありませんでした。
21MHzはあまり必要なかったので、ジャンクのアンテナのφ1.5のエレメントを利用して付属の21MHzのエレメントよりも115mm延長して18MHzへ改造しました。
アースはバッチリ効いているのでSWRのボトムはしっかり出ています。
調整して7.015MHz(±15kHz)/14.030MHz(±30kHz)/18.100MHz(バンド内SWR1.0)に追い込みましたのでCWに関してはDX、国内共にOKです。
Cahv
(散りゆく桜をバックに撮ってみた)

普段、HFで使用しているモノポール+ATUはローテータで格納式にしてあるので、平日などは格納位置になっており、HFは独立してアンテナのある10MHzだけしか運用できないのですが、これでいつでも7/10/14/18/28/50MHzは運用できます。
少しトップヘビーなアンテナなのですが、モービルホイップを謳っているからには風速40m/s位まで(時速100km+向い風12m)は耐えるでしょうが、強風時は折り曲げ機構を利用してバルコニーの手摺りにインシュロックで固定してしまえばバッチリです。

【追記】
14/18MHzはほぼ1/4λ動作のモノポールの方が良さそうです。
当たり前な結果ですが。

|

« 神奈川非常通信訓練コンテスト | トップページ | コメットCHV-3 »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1878908/59531297

この記事へのトラックバック一覧です: コメットCA-HV:

« 神奈川非常通信訓練コンテスト | トップページ | コメットCHV-3 »