« ALL JAの準備 | トップページ | はいさいフェスタ2015 »

2015年4月27日 (月)

ALL JAコンテスト

去年はC21Mで参戦して入賞したのですが、今年はいつも通り(?)にC28Mで参戦することにしました。
南区に転居してから初めてのメジャーコンテストでHFでのコンテスト参加も東京CWだけしか参加していないので「いつも」の加減がわかりません。

ホームからの参加でも100m程度の海抜があるのですが移動運用と違って環境が整っているので楽ちんです。メリットとしてはベッドで仮眠ができる、酒が飲める、寝転んで運用できる

今回もSO2Rの真似事をして2台2本体制で挑みます。
ヘッドホンもカナル型と密閉側の2つを掛けます。
マルチバンドではないのでSO2Rの威力が少ないのですが、ランして呼ばれなくなったら、CQの送出を単発にして、聞き回りで受信している際だけCQを出さないようにできます。

さて21時スタート時にランをしていましたが呼ばれません。
まぁ、いつものことなので気にせずランと聞き回りの繰り返しです。
マルチバンド組が大票田のバンドで交信しつくせば28MHzにも回ってくるでしょう。

気づいた事は県内のH区分(11H)の局がパンチ力がなく激強になりません。
アンテナが今一つなのかと思ったのですが、逆に極端に弱い局も少なく1エリア内の全体がS3〜5でしっかりメーターが振っていて沢山呼ばれる印象です。
低い場所でビームを使っていた以前とは明らかに違う感覚です。

日も変わり呼ばれなくなってきたので、00:30〜05:00まで仮眠しました。
愛地球博コンテストのように0〜6時までコンテストから外す規約だと健康的で良いのですが・・・・

5時から再スタートして、途中に食事とか用事とか、こともあろうか昼寝までしながらも21時の終了少し前まで運用を続けました。
他のバンドも覗きに行き何局かQSOしたりもしていました。(チェックログとして提出します)
いつもの通り18時過ぎると最後の盛り上がりもなく、閑古鳥すら居なくなる状況が続きます。
それにしてもコンディションが悪くマルチが全然伸びません。(私だけ聞こえていないダケかも)
Scもこんな貧弱なアンテナでできるか不安だったのですが、辛うじて相手局の設備に助けられて交信できました。
1エリアと2エリアの三重を除く全県できたのですが、距離がある沖縄は流石に聞こえますが、いつもはQSOできる北海道と九州がまるっきりダメ。

局数は目標としていた200局には僅かに及びませんでしたが、いつも160局程度だったのでコンディションの割には局数は伸びた印象です。これが私の条件の違いによるものなのか、1エリアの局数が多く全体的に伸びたのかは結果が出ないとわかりません。

次は5月3日の東京コンテストです。
定番の21 or 28のCWモノバンドにするか、ロケーションの旨みを利用して144CWにするか、去年のリベンジでCWマルチにするか・・・・

|

« ALL JAの準備 | トップページ | はいさいフェスタ2015 »

コンテスト」カテゴリの記事

コメント

交信ありがとうございました。開始直後は6mSSBでCQを出していたのですが、なかなか呼ばれないので、片耳で10mCWを覗いていました。

投稿: JR1UJX | 2015年4月28日 (火) 04時34分

>>JR1UJXさん

こちらこそ交信ありがとうございました。
6mでも呼ばれないとなると10mは・・・
今年はコンディションがイマイチいやイマサンな印象ですが如何だったでしょうか?

投稿: vxt | 2015年4月28日 (火) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1878908/59788210

この記事へのトラックバック一覧です: ALL JAコンテスト:

« ALL JAの準備 | トップページ | はいさいフェスタ2015 »