« 東京CWコンテストの結果発表 | トップページ | 1200MHz 10el F9FT(3) »

2015年2月28日 (土)

KENWOOD RZ-1 [デュープレクサー]

1DINサイズの受信機RZ-1 を購入してほったらかしになっていましたが、とりあえずコミュニティーFMを受信するための対策をしました。

AM放送とFM放送の受信用にはカーラジオ用アンテナコネクター(正式な名前を知りません)になるのですが、FM用のアンテナとして29MHz FMのHFB-10というアンテナをHF/50MHzのデュプレクサーで分けて無理やり使っているのですが、当然AM放送帯の電波はカットされてしまうので全く聞こえないので、受信用のデュープレクサーを作ってみました。
Bcdup1_2

回路としてはAM放送側は2MHzのLPF、FM放送はHPFではなくBPFで抑圧を受けている余計な電波を少しでも軽減させることにしました。
AM放送のLPFは受信用なのでマイクロインダクターとセラミックコンデンサーの結構いい加減な回路、FM放送側のBPFはFCZコイルの代替として使えるサトー電気の10mm角80MHzのモノコイルを2つ結合させて使いました。
プリアンプとしてよく使われる構成で、結合コンデンサーの代わりに2SK241でも入れればプリアンプとしても使えるのですがシンプル且つ無電源に徹しました。
Bcdup2
ケースに収めて完了です。
結果は上々で、お目当てのコミュニティーFMは抑圧を受けずクリアーに受信できました。
BPFの特性を調べられないので原因がFM横浜の抑圧なのか、他の業務局からの抑圧なのかわかりませんが結果オーライでした。

|

« 東京CWコンテストの結果発表 | トップページ | 1200MHz 10el F9FT(3) »

自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1878908/59089093

この記事へのトラックバック一覧です: KENWOOD RZ-1 [デュープレクサー]:

« 東京CWコンテストの結果発表 | トップページ | 1200MHz 10el F9FT(3) »