« 1200MHz SWR計 | トップページ | 東京CWコンテストの結果発表 »

2015年2月21日 (土)

1200MHz 10el F9FT(1)

先日購入したマキ電機の10elループで北方面はOKなのですが、西方面がモービルホイップしかないのでアンテナを作る本[V/UHF編]を参考にして10el F9FTを作る事にしました。

寸法は本のコピーでそれぞれの素材は
ディレクター、リフレクター:φ4mmアルミパイプ
ラジエター:φ3mm真鍮丸棒
にして、ホームセンターで1mにカットされたものを買ってきました。
値段も500円強で超安上がり。
ブームは木材を使っている事が多いようですが、耐候性などを考え会社からグラスファーバーロッドの端材を貰ってきました。
スーパーシルロッドという丈夫な素材ですが、普通だと入手が難しいかも。
F9ft1
(湾曲して見えるのはレンズのせい)

このブームに4mmの穴を開けるのですが、ボール盤がないとエレメントがガチャガチャになり見栄えが悪くなりまので、朝早く出社して製造部門のボール盤を使って穴を開けてから自宅に持ち帰りました。
ガラス繊維ですから切子の粉が部屋に飛散するとチクチク痒くなるのも理由で、しっかりブロアーしてIPAで洗浄してからお持ち帰りです。
F9ft2

アルミパイプを切り出して穴に差してゆきます。
そのままだとズレてしまい製作しにくいので、瞬間接着剤を穴とパイプの隙間に流して接着しておきます。
ガラス繊維なので穴あけ時にささくれている部分の補修にもなるので一石二鳥。
ディレクターを全て取り付け、リフレクターを接着せずに仮付けしてここまでの出来栄えを確認します。

|

« 1200MHz SWR計 | トップページ | 東京CWコンテストの結果発表 »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

おー、ベリナイス!
仕事先に色々とツールがあっていいですね

投稿: sky | 2015年2月22日 (日) 22時04分

>>skyさん
ありがとうございます。
会社に行けば工作機械は一通りあるので不自由しないし、絶縁素材などはゴロゴロしているのですが、なにせ1KHzでも高周波な世界だし(GHzオーダーまで使えるのか?)、電線も22SQや38SQでも細線と呼んでしまうような日常で仕事しているので、その辺の乖離を埋めるのが大変です。

投稿: vxt | 2015年2月23日 (月) 06時50分

素晴らしい!
私もそろそろアンテナ作りにトライしたいです。

投稿: ALF | 2015年2月24日 (火) 00時09分

>>ALFさん
ありがとうございます。
私も他の局の記事をコピーする事が多いので偉そうな事はいえないのですが、手始めに144/430MHzのアンテナなどどうでしょうか?
室内で作れますしアナライザーなしでSWR計だけでも大丈夫です。

投稿: vxt | 2015年2月24日 (火) 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1878908/59011078

この記事へのトラックバック一覧です: 1200MHz 10el F9FT(1):

« 1200MHz SWR計 | トップページ | 東京CWコンテストの結果発表 »