« 科目合格 | トップページ | 30A電源製作 ① »

2014年2月16日 (日)

SASE発送

まだ雪で足元が悪いので今日は溜まっていたダイレクト用の発送の作業をしていました。
Photo
発送の多くを航空書簡で発送しました。
ご存知の方も多いと思いますが、国内向けの郵便書簡(ミニレター)の海外版で、同じく25gまで同封でき、どこの国へでも90円で送ることができます。
QSL、返信用封筒、IRCを入れると結構な厚みになってしまいますので、QSLが2枚になる場合は封書(書状)にして発送しました。
ミニレターは少々厚みがあっても25g以下なら届いてしまうのですが、航空書簡は同封物が紙など以外のものに対して厳しいらしい。
どうやら通関上の理由らしいが定かではない。
GSは航空書簡でも封筒でも危ないので、QSLと返信用封筒の間に挟んでコッソリ送っています。

|

« 科目合格 | トップページ | 30A電源製作 ① »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

GSは郵便法の上では違反そのものなんですね
PayPalでやり取りが安全なんだが
SAEを送らないと相手の負担が増す

盗難(?)アジアなど抜かれるねぇ
QSLもSAEもGSも半分に折りたたみ
宛名も手書きで汚らしくした封筒で送った事もある
本当に抜かれるのも、当てが悪質ドランカーだったり
ハムは全員善良な趣味とは思えず
困ったもんですよね

そうそう、米国は大赤字で値上げが続いている
USD 1.15 になったね
あちらの国内用切手、額面無しで値上げも関係なし
面白い制度だよね、だから儲からないのか
メールの時代、本来のメール利用が減るのも時代か

投稿: sky | 2014年2月19日 (水) 06時17分

アマチュア無線界ではgreen stampなんて言葉で誤魔化しているけど、ゲンナマの郵送なんで、本来は表立って「送りました」なんて書けない事なのですよね。

東南アジアと同じくらい中南米も抜かれる可能性が高いらしいです。
エアメールの赤青の派手な封筒でコールサイン入りで記念切手貼付・・・最悪の組み合わせです。(綺麗な切手だとそれだけでパクられる可能性があるらしい)
私は書状で送る場合は茶封筒で宛名シール、、切手は郵便局で証紙にしてもらい(記念切手を勧められる事も多し)ダイレクトメール風にして送っています。

投稿: vxt | 2014年2月19日 (水) 10時31分

うん、メータースタンプ
我が国では料金計器別納という
そうそう、中南米も抜かれる為か
SASE返信率が低い‥

茶色の汚い封筒
差出人もコールサインなし

金持ちならば書留で出すんだろうか
PayPal可能か問い合わせても返事も無い
紙のカード集めは子供のめんこ集めに近い

投稿: sky | 2014年2月20日 (木) 09時07分

時々、シンガポールや香港から届く「あなたに○億円当選しました。」とかの胡散臭いダイレクトメール風に送るのもいいかも知れません。
ただ、届いても読まずに捨てられる諸刃の剣!

窓付の封筒で中に宛名を書いた紙を入れて、請求書風にするのもイイかも。

投稿: vxt | 2014年2月20日 (木) 09時38分

いや、DMも見知らぬ請求書も廃棄だな
100%回収は無理だよね
赤坂のDXerさんのSASEは赤坂局の許可を得た着払いだとか
これだと帰って来た分だけ郵送料の負担だそうな

投稿: sky | 2014年2月20日 (木) 22時28分

有名DXerさんなら着払いも有効ですけど、私なんて年間十数通ですからねぇ。
バンバン出すほどDXやりたいです。

投稿: VXT | 2014年2月21日 (金) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1878908/55015621

この記事へのトラックバック一覧です: SASE発送:

« 科目合格 | トップページ | 30A電源製作 ① »