« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

28A電源製作 ③

ようやく制御基板やフロントパネルを付けて安定化電源が完成しました。
Avr01
まずは抵抗負荷をつけて電流を流して試験をします。
結論から言うと、28Aまでは13.80V→13.77Vになり0.03Vの電圧降下ですので、まずまず合格のレベルです。こだわりの太い配線を苦労して取り回した甲斐がありました。
30Aでは13.80→13.66Vで0.14Vの電圧降下があり、28A程度から徐々に定電圧性が怪しくなってきます。
ということでタイトルを28A電源に変更です。
アルインコの電源の当時に測定していなかったのですが、内部の構造を考えればもっと酷いデータだったと思います。
なにせ開けた瞬間に測定よりも解体の単語が頭に浮かんでしまったので(笑)
25Aを流し続けて放熱器の温度を測定してみたら、約77℃(周囲温度15℃で)でした。
夏場は室温上昇を助長しそうです。
Avr02_2
ケースはリードのPS-2が会社の廃棄品にあったのでそれを利用しました。
フロント面は上部がパンチングメタルなので通気性は確保されています。
下部には電源スイッチ、デジタル電圧計、電圧調整のボリュームです。
電圧計は秋月で買ったのですが、結構いい加減です。
温度によって値が0.1V程度変わってくる。
ボリュームは多回転ボリュームを使ったのでチョット軸が長いのに加え、つまみが小さかったので、もう少し大きなつまみに交換しようと思っています。
週末に家に持ち帰ってRIGに繋いで試運転しようと思います。

オシロを繋いで波形を見てみたら、どうやら発振をしているようなので、これから対策を取らなければならなくなってしまいました。
稼動はまだ先になりそう・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

30A電源製作 ②

だいぶ形になってきました。

トランスと平滑用コンデンサーも載せました。
Avr02
コンデンサーは日本ケミコン製のKMH105℃50V47000μF×2本です。
外部にも平滑コンデンサを設けてあるので十分な容量でしょう。
狭い内部に5.5SQの配線なので取り回しが大変でした。
あとは、全面のパネルと制御基板を載せるだけになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

30A電源製作 ①

先日解体したアルインコ電源のEPS-300Mの一部を使って電源を作っています。

とりあえずは放熱器周辺を作ってみました。
Photo_2
放熱器はDAIWAの30A電源から外して再利用したもので、アルインコのものよりも放熱効率は良さそうです。
左下はブリッジダイオード(KBPC3510)で35A定格なので、以前の容量の足りない25Aよりは良いでしょう。
上の4本のトランジスタは2SC5200で1本当たりIc=15A、PD=150Wを4パラで使うので60A/600Wになり30A程度なら大丈夫そうです。
エミッタにはバランス抵抗用のメタルクラッド抵抗を、そこから2×5mm(10SQ相当)の平角銅線で電流検出用のメタルクラッド抵抗(4並列)を通り出力端子へ繋ぐ計画。
メタルクラッド抵抗は全て0.1Ω10Wで秋月電子で購入の安物です。
抵抗がきれいに並んでいないのは、私のタップ立てが下手で折れてしまったため。

とりあえず途中経過で続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

SASE発送

まだ雪で足元が悪いので今日は溜まっていたダイレクト用の発送の作業をしていました。
Photo
発送の多くを航空書簡で発送しました。
ご存知の方も多いと思いますが、国内向けの郵便書簡(ミニレター)の海外版で、同じく25gまで同封でき、どこの国へでも90円で送ることができます。
QSL、返信用封筒、IRCを入れると結構な厚みになってしまいますので、QSLが2枚になる場合は封書(書状)にして発送しました。
ミニレターは少々厚みがあっても25g以下なら届いてしまうのですが、航空書簡は同封物が紙など以外のものに対して厳しいらしい。
どうやら通関上の理由らしいが定かではない。
GSは航空書簡でも封筒でも危ないので、QSLと返信用封筒の間に挟んでコッソリ送っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

科目合格

先日受験した第一級陸上無線技術士の結果が14日(金)に届きました。
Photo

予想通り、いや学習通りの無線工学Bと法規の科目合格。
二陸技のように学習していない科目まで受かる程、一陸技は易しくないということです。
巷では一陸技も二陸技も難易度は大差ないので、どうせ受けるなら一陸技を受けた方がよいなどと見掛けるけど、そんなことはないと思う。

4科目中2科目が受かったのであと半分なのですが、法規は余程サボらない限りは受かる科目なので、実質残り2/3くらいかも知れない。
残り2科目を3年で合格すればよいのでコツコツ進めていくかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

JIM T-ONE

《現在、取説は頒布しておりません》

また、つまらない無線機を中古で買ってしまいました。
(買ったのはチョット前、変更後の免許が届いたので)
Tone1
JIM T-ONEという28/29MHzのFM/AMトランシーバー。
出力はFM8W/AM1.5W。
大きさはW122×H27×D190(電池ケース装着時)なので電池ケースを付けなければFT-817よりも2回り程小さい印象で、実際にかなり小さく手のひらに乗ってしまうくらいです。
JIMはトヨムラで売っていて、ミズホのピコシリーズも売っていた記憶があるのですが・・・

28/29MHz FM/AMではあるのですが、AMは28.7-28.99MHz、FMは29.00-29.69MHzでモードは固定されています。。
周波数表示は2桁なのでしかたないですね。
モードに関しては無理にFMだけにせず、バンドプランに合わせてあるのは関心です。

FT-690mk2風に後ろに電池パックをつけて移動運用もできます。
途中に短縮コイルの入ったロッドアンテナも付属していました。
まぁ、絶対しないと思いますが(笑)
ハンディ運用をするならばAZDEN AZ-11の方が良いでしょう。
Tone2
付属品も全部付いていて綺麗でした。
説明書はA4の紙2枚の簡素なものですが、送信機系統図も入っていたので助かりました。
外箱だけが色あせていたので、使わずに長期保存していた品でしょうか。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »