« インフルエンザ | トップページ | EPS-300M(分解) »

2013年11月 2日 (土)

安定化電源整備(準備編)

現在、アルインコのトランス式の電源EPS-300Mを使っているのですが、ネットで調べてみるとアルインコの電源の評判が宜しくない。
何も考えず使っているのですが、この際だから整備しておこうを思い立ちました。

そこでまずは代替のスイッチング電源であるダイワSS-404の電圧調整用のVRがガリになっていたので、それを交換するためのVRとアルインコ電源用の2N3055×4本を買いに小机のサトー電気に行ってきました。
30年以上昔、小学生の時から部品を買いに行っていたのですが、最近は通勤帰りに寄れる川崎店の方に行くことが殆どで、土日で川崎店の休みの際に行くくらいになってしまいました。
でも、この手の部品屋が近くにあるのはとても便利です。
川崎店のように「見学お断り!」なんて書いてないので、初めて行っても入り易いかも。
雪国のように表の扉を開けると、中にもうひとつ自動ドアがあります。
何でこんな造りなのでしょう?
Photo
そして小机に行った際にはもう一つ行く場所があります。
Photo_2
大判焼きのお店で「おすとあんでる」
ベタなネーミングです。Hi!
昔はサトー電気もこの近くにありました。(隣だったかも?)
今日は小倉とみそあんを購入。
柏餅以外でみそあんって珍しくないですか?柏餅でさえみそ餡を買う人が少ないのに・・・
Ss404
で、SS-404のVRを交換してスムーズに電圧可変できるようになりました。
元々はCカーブのVRだったのですが、Bカーブで代用。
電源SWはネオンランプ入りのものでミヤマDS322と同等品のようですがネオン管へ配線されていなかったので、せっかくなので光らせることに。
おそらくこのSS-404は200V入力にも切り替えられるので、そのためにSWしか使っていないのでしょう。
これで代替の電源は確保できました。

|

« インフルエンザ | トップページ | EPS-300M(分解) »

自作」カテゴリの記事

コメント

「おすとあんでる」
一瞬、スペイン語かと思った
良く考えると日本語だし
良く考えた名前なんですね

小机、滅多に行かないからねぇ
サトーは電球色のLEDを依頼されて
買いに行っただけかな

投稿: sky | 2013年11月 5日 (火) 08時45分

スペイン語ですか・・・・かすていら みたいな、あっポルトガル語か。
まぁ、餡がでないケチくさい大判焼(オシテモアンデナイ)より少々餡がハミ出るくらいがイイですね。
結構ボリュームもあっていってですよ。
甘いものが苦手な方なら「ツナ」もありました。

投稿: vxt | 2013年11月 5日 (火) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1878908/53806856

この記事へのトラックバック一覧です: 安定化電源整備(準備編):

« インフルエンザ | トップページ | EPS-300M(分解) »