« 安定化電源整備(準備編) | トップページ | EPS-300M(トランス編) »

2013年11月 3日 (日)

EPS-300M(分解)

アルインコ社製EPS-300M(連続25A/間欠30A)を分解してみた。
Eps300m1
背面の放熱器周り
左がブリッジダイオードと2N3055×1本
右が2N3055×3本
この大きさの放熱器に3本は無理がありそう。
2本-2本でブリッジは他で放熱が良さそうです。
Eps300m2
平滑用のブロックコンデンサは25V33000μF
コンデンサ両端の電圧は約26.6Vでした。
容量はまだしも耐圧は完全に不足しています。
どういう設計なのでしょうか。
Eps300m3
ブリッジダイオードも事前にネットの情報通り。
S25VB(25A)・・・・・ハナから30Aは出す気がないようです。
Eps300m4
そして致命傷はこのトランス。
19V/18Aってなんすか??
逆の18V/19Aでも救えないのですが・・・
実測値だと約102.2V入力で約20.2V出力。
《自宅のマルチメータは校正していないので数値は「約」。ACもrmsじゃないしね》
Eps300m5
整備しようと考えていたのですが、その気が失せてしまうスペックです。
使えないクソ電源として廃棄してしまうのがよいのでしょうか。

|

« 安定化電源整備(準備編) | トップページ | EPS-300M(トランス編) »

自作」カテゴリの記事

コメント

蟻んこの電源は無理やりと言う感じですね
大陸育ちは所詮無理なんでしようか
家の中にも蟻んこと昔からのダイワが転がっています

投稿: sky | 2013年11月 5日 (火) 08時42分

今日、トランスの試験をしてきたので後日記事にします・
今、代替で使っているのがダイワの電源なのですが、パッと見の印象でもアルインコに比べてしっかりした造りです。
やはり、脚立だけにしておくのが無難なのでしょうか?(←飛行機撮影のため脚立だけは沢山持っています 笑)

投稿: vxt | 2013年11月 5日 (火) 19時28分

防災拠点の無線局配備の電源も蟻んこさん
電解コンデンサーの破裂したケースもあります
コンデンサー取り換えの手間と費用は元の価格に
比べると「?」となります

飛行機の写真、そのうち拝見させてください
沢山お持ちですよね‥

投稿: sky | 2013年11月 7日 (木) 06時20分

電解コンデンサーは安定化電源の中では唯一時間の限られた寿命を持つ部品ですから、この電源のような設計だと著しく短くなりそうです。
実は昨日ブロックコンデンサーを大量にタダで手に入れる事ができました。

飛行機の写真ですか。 大量にありますよ。
殆どが銀塩時代なのでポジで保管しているのでプリントはしていないのですが。
近場の羽田、成田は好まず、一番多いのは香港啓徳空港です。トータル数十回、最高で月3回行ったくらいですから。

投稿: vxt | 2013年11月 7日 (木) 07時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1878908/53811220

この記事へのトラックバック一覧です: EPS-300M(分解):

« 安定化電源整備(準備編) | トップページ | EPS-300M(トランス編) »