« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

インフルエンザ

流行を先取りして感染してしまった訳ではありません。

インフルエンザの予防接種をしました。
ネットで調べてみると、有効性を謳うものと、無益だというものとあり、どちらが正しいのかわかりませんが、電車通勤で感染機会が多そうだし、害にはならなそうなので、とりあえず今年も1本いっときました。

医者曰く、「打っておけば罹っても軽くて済みますよ」とのこと。
今シーズンはワクチンの型が流行の型と当たるのかどうか・・・

もちろん健保対象外なので全額自費で3000円也(@川崎のクリニック)
費用は地域によってまちまちみたいです。
地元(横浜市)だと3500円のところが多いみたい。
どうやら医師会毎に足並みを揃えている様子。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

東京CWコンテスト

10月27日(日)は東京CWコンテストに参加しました。
実は都内の伊豆大島から28MHzに出ようと計画していたのですが、災害に見舞われ、更に台風も接近していたので断念しました。
さすがに多くの方が亡くなった傍らで移動運用をする気にもなれません。

そんな事情もあって固定から都外14MHz部門での参加になりました。
朝6時のスタートから参加したのですが、XPOや愛・地球博よりもハイペースで局数が増え、飽きがきません。
呼ばれなくても10分と間隔が開かず、いい感じで楽しめました。
都外はエリア毎の順位なので、4000点近くなった11時に終了して出掛けてしまいました。
これが吉と出るか凶とでるかはわかりませんが、まずまずの成績だと自分では思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜コンテスト表彰式

10月26日(土)に中華街の廣東飯店にて横浜コンテストの表彰式が行われ参加してきました。

今まで電話部門では何度か参加して表彰状も頂いたのですが、なかなか1位になれず盾を頂けずにおりました。
今回は幸いにも電信部門で1位になれ、念願の盾を頂くことができました。
他のコンテストではこんな立派な盾は頂けないと思います。
交信して頂いた各局には御礼申し上げます。

S0241256_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

2013 6m and Downコンテストの結果発表

昨日、6Dのログチェックレポートが送られてきました。

恥ずかしい事に4局もミスコールがあり減点されていました。

V/UHFは大した設備もないし、参加したのがCWオールバンド(CA)だったので、1200MHzのCWもQRVできないので、普段はQSOする事の少ないこれらのバンドでのCW局数を増やすのも目的で参戦していました。
しかも、終盤でPCがダウンしてしまい、数局の交信分が消えてしまったので順位なんて気にしていなかったのですが、結果を見てみたら関東4位で入賞していました。
関東4位・・・・・微妙な順位ですね。
参加者の多い1エリアだから入賞したものの、全国1位とは約4倍の得点差があるので、運が良かったとしか言い様がありません。
しかしながら、賞状の頂ける事は有難いことです。
交信して頂いた各局には感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

SO2R

コンテストでSO2Rの真似事をしているのですが上手くいきません。

そんなに大それたシステムではなく
IC-7400 + 4EL YAGI
FT857 + V-4Jr(バーチカル)
の組み合わせで、カナルタイプのヘッドホンと密閉型のヘッドホンを二重に掛けて受信しています。
パドル関係の接続は元々RIG内蔵のエレキーは使わずに自作の外付けのものを使っているので、それにRIG切替とPCからの入力端子を設けてあるので問題ありません。

実際にコンテストで使ってみると、殆ど使わないのが実情です。
CQの合間に聞くのですが、数秒の合間なのでコールサインを確認する程の時間がない。
これはCQの連続送信ではなく、1回送信の繰り返しで自分でタイミングを取ると良いのが判明。
HFハイバンドはローバンドと違い、周波数を死守する必要もないので、CQ連続10回程度に設定して、10回終了→バンド内ワッチ→ビーム方向を変える、という具合にメインのRIGを使っても大差ありません。
結局、使うのはビームを回している間やメインのRIGを少し休ませる(=冷却)間のくらいになってしまいます。

それにローバンドやビームの切れるV/UHFと違い、2つのアンテナの差がでるので、4エレで聞こえない信号はバーチカルではまず聞こえません。

でも一番の原因はシングルバンド・電信部門にエントリーしていることでしょうか。
愛・地球博コンテストでは14/21/28MHzでは多少役立ちましたが、参加局がもっと多ければ利用価値はあるのでしょう。
そう考えると、6DとかのコンテストではSO2Rなんて言葉を使うずっと前からSO2Rですよね。430MHzで運用中に6mの状況把握するなんて、当たり前にしていたことですから。

オールバンドに参加する程の力量もないので、当分はこんなジレンマを感じそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

全市全郡コンテスト

ACAGに28MHz CWで参加しました。

久々の24時間耐久コンテストです。
2006年にはまぐれで運良く28MHz CWで優勝したのですが、今回も相変わらず同じ部門での参加です。
28MHzが好きではあるのですが、私のイメージの中では10mはPHONEの印象が強いので、コンテストとは直接結びつきません。
一番の理由は小型のトライバンド八木を使っているので、短縮がなく一番効率良く飛ぶからでしょうか。それに昔は28MHzは参加者が少なかったし。

今回からPCを2台体制でモニターも2台にしました。
コンテストに2台使うのではなく、1台はサボり用です(笑)
いつもは、呼ばれない→ネットで遊ぶ→急に呼ばれる→コール打込む→CTESTWINに切り替わっていない→CQ連続送出→焦る という事が何度もあったのですが、それの解消です。

21時の開始直後は呼びに回って、どんな局が参加しているのかをチェックします。
超強敵がいれば電信・電話にするとか、違うバンドにするとか作戦変更も必要になるからです。
7MHzや50MHzと違い参加者が少ないので30分も掛からず一巡できるので、今度はCQ連発のランニングに入ります・・・・が10分も経たずにPCからの送出がストップの緊急事態。
これが横コンならパドルだけで凌ぐのですが、24時間の長丁場をマニュアルで送信する気力がないので、トラブル解消に動きます。
CWの自動送信はPCのマザーボードにあるCOM1端子からD-SUB9Pを取り出して、このDTSの信号をフォトカプラを経由して使っています。最近のPCはRS-232Cのコネクターはありませんが、マザーボード自体には端子がある場合が多いのです。
どうもこのCOM端子からのOUTが怪しのですが、IC-7400とFT-857のRIGコントロールのCOM3,COM4はFTDIのケーブルを使っていて使えないので、唯一、RTTY用に使っているUSB-シリアル変換ケーブルのCOM5にCW送信を割り当て切り抜けることに。
いやぁ、焦りました。

24時間徹夜で頑張れる年齢ではないので、0時30分には寝ることにし、翌朝は5時30分に再開しました。
コンディションが悪く、関東周辺しかできませんが、他のコンテストと違い近隣でもマルチは増えていくので、コンディションが悪ければ都市部が有利です。
ただ、政令都市だとコンテストナンバーがやたら長くなり、弱い信号だとコピーしてもらうのに一苦労。

ずるずると同じような状態だったのですが15時くらいにコンディションが少し上がって、いくつか遠方のマルチも増えてきました。
16時くらいになると、DX向けのコンディションが上昇したようで、マルチパスでエコーがきつくCWだとコピーし難い状況になってきました。
私の電波も地球1周してきているのかなぁ。さすがに受信状態で遅れて届いた自分の声は聞えないですけどね。

コンディションの上昇とともに変な電波も入感してきました。
最初は中国辺りから聞えてくるAMの交信かと思ったのですが、帯域がとても広く、AMで受信するとデータ通信のようです。
弱い信号が出て、その後にそれに応答するような形で送信されています。
これって何なんでしょう???

18時過ぎると閑古鳥状態。毎年同じ状況です。
しかしながら参加局は終盤状態なので息も荒くなり、送信速度も上がってくるのが不思議。
ローバンドや50MHz以外で参加していると18時まででも良いような気がしてきます。折角の休日の夕食をゆっくり摂ることができるし。

この数年の優勝局の得点をみると、派手にEsが発生しない場合は150局×100マルチ程度が優勝ラインのようですが、2006年の優勝時の得点は楽に越えたものの、優勝ラインには及ばなかったので難しいかも知れません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

二海通の免許到着

第二級海上無線通信士の従事者免許が到着しました。

某地方の総合通信局に申請していたのですが、少し前になりますが郵送で送られてきました。
無事(?)に1番の免許を取得できました。

Photo
全科目免除の合格通知が届いた時は無線協会の本部から郵送された書きましたが、その際には同封していた切手を貼付した封筒は使われませんでした。
その余った封筒が免許と一緒に同封されていました。
同封されていたメモ書きから無線協会の支部から総合通信局に託され、免許を送付の際は同封することをお願いしたみたいです。
そんな連携プレーもするのですね。
丁寧な対応に支部名も晒したいところですが、免許番号がバレてしまうので・・・・
でも、総務省の今年度の発給状況が発表されるとわかてしまうかも。

今回で3枚目の00001番免許をGETできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »