« AR-2002(修理編) | トップページ | AR-2002(改造編) »

2013年8月 3日 (土)

二陸技に合格しました

7月中旬にあった二陸技(第二級陸上無線技術士)に合格しました。
試験会場では8月3日にweb上で合格者(科目合格は含まず)発表すると説明があったのですが、前倒しで2日に発表されました。
二陸技・・・・・実に中途半端な資格です。下には一陸特があり、上には一陸技があるので、それらは人気があり、受験者も多いのですが、この二陸技はとても受験者が少ないのです。
もっとも私の場合は仕事に必要なわけではなく趣味の延長なので、下から順番にきたわけですが・・・・

難易度は人それぞれ感じ方が違うと思いますが、1アマを丸暗記ではなく、理解して解いて合格し、その他に多重やデジタル、マイクロ波関連を一陸特で補完すれば十分だと思います。
要するに、1アマの試験問題をいつやっても合格点を取れ、一陸特もやりました程度で十分だと思います。
私と同じく全科目の受験者が139人いたようですが(晴海の会場で・・・たぶん)、合格者は12名でした。
他にも科目合格や科目免除での受験者を含めると20%程度の合格率のようです。

アマチュアの資格とは違い、いろいろ特典(?)がついてきます。
その一つが試験科目の免除です。(昔はアマ→プロの免除もあった)
二陸技の免許があると二海通の基礎、工学A、工学Bが免除になります。
そして三海通の免許があると二海通(一海通も)の英語、法規、通信術が免除になります。
私の場合は三海通も取得済なので、二陸技の従事者免許が到着して、「全科目免除」の申請をすると、試験なしで「合格」の通知を頂けます。
そして、この全科目免除の申請はどこの無線協会支部に申請してもOKで、その発行した支部のある総合通信局に免許申請ができるので、全国の総通発行の免許が、そこで受験せずに手に入ります。
とはいっても、総務大臣発給の免許なので違いは免許番号のアルファベットだけですけどね。

もう一つ試験の科目免除もいろいろ使えます。
私は特殊無線技士は殆ど取得済みなので、残りは三海特と国内電信だけなので、この三海特を受験しようとすると、工学が免除になります。
ちなみに三海特は無線従事者試験では一番簡単な試験ではないかと思います。
4択ではなく正誤式です。難易度からすれば月とすっぽんの差です。
陸技から科目免除で過去に何人受けたのでしょう。
特殊無線技士には科目合格制度がないので、科目免除での受験は嫌がらせにも思える受験です(笑)
過去問題のコピーを持って受験したら、もう合格でもいいんじゃないでしょうか(笑)

|

« AR-2002(修理編) | トップページ | AR-2002(改造編) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1878908/52723047

この記事へのトラックバック一覧です: 二陸技に合格しました:

« AR-2002(修理編) | トップページ | AR-2002(改造編) »