« EMS-57 | トップページ | ID-92 »

2013年6月16日 (日)

新スプリアス基準

今回、変更申請する際に保証認定が必要だったので、TSSに何度か電話して問い合わせする中で新スプリアス基準のことがありました。

話のきっかけは別の事柄で
「保証認定の中に技適機種も含めて変更を出しても良いか?」ということを聞いたら
「OKです。技適でも旧スプリアス基準ならば、保証認定して新スプリアス基準にして通せます」との回答。
てっきり数年後には使えなくなるのかと思っていたので驚いた。
さらに「もし、他にも旧スプリアス基準の技適機があれば、今回の申請で保証認定に含めておけば手数料が1回分で済みますよ」とのアドバイスも。

急いで新・旧スプリアス基準の確認をして、変更申請書類を作り直して、旧スプリアス基準のものは今回の保証認定に含めて申請しました。

しかし、それでいいのか「新スプリアス基準」
保証認定を通すだけで良いのでは意味ないじゃん!

|

« EMS-57 | トップページ | ID-92 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

なるほど、参考になりました。

こんど何か保証認定出しておこうかな?
このあたりはなんだか常識とギャップがあるがまあ深く考えずやっておこう。

投稿: <<梅>> | 2013年11月 1日 (金) 08時38分

>> <<梅>>さん

単に形式的なものなのでしょうね。
既設のRIGでも保証認定を受けるついでがあれば一緒にしてしまうのが吉なようです。
移行直前は混みそうですので、できれば早めの方が良いかもしれません。

ちなみに電子申請で技適機種だけ変更すると1か月程度掛かり、TSSで保証認定をしてもらい総通へ転送してもらうと2週間掛からず免許状が届きます。

投稿: jn1vxt | 2013年11月 1日 (金) 12時09分

新スプリアスの対応はTSSさんに親切に説明対応いただき、当局の設備すべて新規格変更できました
TSS
03-6261-3686

投稿: rra | 2017年1月10日 (火) 22時58分

>>rraさん

直近の貴重な情報ありがとうございます。

数年前のJARLvsTSSのイザコザがあったので、TSSでの新スプリアスでの保証認定に関するアナウンスは一切されず、JARDでしかしていないとも思えるような状況に思えます。
従来通りの自己宣告(?)で通せるTSSの存在を知らない人も多いかも知れません。

投稿: vxt | 2017年1月11日 (水) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1878908/52056949

この記事へのトラックバック一覧です: 新スプリアス基準:

« EMS-57 | トップページ | ID-92 »