« 新スプリアス基準 | トップページ | PCS-6800Hその後 »

2013年6月17日 (月)

ID-92

今回、TSSに保証認定を申請する分にID-92+HX-240がありました。
運用はしていないけど、折角なので29MHzのD-STARを可能にしておく算段です。
しかし、呆気なく不受理になってしまいました。
理由は「FM、D-STAR機なのに3.5-21MHzも電波の発射が可能だから」
IC-820Dに繋いだって、これらのバンドでFM送信できてしまうので、何となく納得できないですが、「系統図だけではトランスバーターの機種までは特定できないので、28MHz帯だけの系統図ならOKです」との事。
ハッキリとは言わないけど「ID-92には28MHzのx'talだけで別に系統図を書け」と理解しました。hi!
それならば、HX-240をコピーしたトランスバーターを自作したことにして系統図を書いて申請しました。ついでに親機にはTH-F7も加えてあります。
Id92
さて、実際のID-92は航空無線専用と化しています。
休日はほぼこんな感じ。
D-STARは初期設定すらしていません。暇を見つけて設定しようと思っています。

|

« 新スプリアス基準 | トップページ | PCS-6800Hその後 »

RIG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1878908/52057150

この記事へのトラックバック一覧です: ID-92:

« 新スプリアス基準 | トップページ | PCS-6800Hその後 »