« ALL JA(2013) | トップページ | 東京コンテスト(2013) »

2013年5月 2日 (木)

インターフェース製作

初めに断っておきますが、私の自作は自分にとって必要なコマゴマしたものしか作りません。
雑誌とかに投稿するような立派なものや、無線機を一から作るような事はしませんし、その知識も持ち合わせていません。
よって、問い合わせされても答えられないものも多いので、そのつもりで。

先日のALL JAでも少し触れた、PCとRIGを繋ぐインターフェースを。
といっても超々簡単なものです。

PCのCOMポートとKEY端子を繋ぐI/Fです。
単純にDTRに出力されたら、キーダウンするだけのものです。
一応、フォトカプラーを介して分離し、回り込みやノイズに対策したつもりです。
フォトカプラーを光らせる(見えないけど)ついでに直列でLEDを光らせてみました。
色はこだわりのミントブルー
Cw_if

もうひとつはシリアルからCI-Vインターフェースを経由してRIGとのやり取りをするポートです。
実は当初は上のCWのI/Fと同じポートのTXD/RXDを使おうと思っていたのですが、HAMLOGを起動すると、キーダウンしっ放しになってしまうので、別のポートにしました。
秋月のUSB-シリアル変換を経て繋いであるのですが、今ならFTDIのシリアル変換を使えば3.5φのプラグを用意するだけで済むのですが、上記のような理由とCI-V I/FもUSB-シリアル(D-Sub9P)変換ケーブルもあったので、こんな接続にしています。
これもノイズ、回り込み対策のおまじないとしてフェライトヒビーズFB-801を入れてあります。
インターフェースというより、ただのコネクターですな。
Civ_if

|

« ALL JA(2013) | トップページ | 東京コンテスト(2013) »

自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1878908/51465620

この記事へのトラックバック一覧です: インターフェース製作:

« ALL JA(2013) | トップページ | 東京コンテスト(2013) »