« HX-240 | トップページ | インターフェース製作 »

2013年4月28日 (日)

ALL JA(2013)

久々にALL JAに28MHz CWで参加しました。

全然、準備をしていなかったので、PC(シリアル)-RIG(KEY)を繋ぐインターフェースを作り、CTESTWINの設定を終えたら5分の遅刻。
CTESTWINは初めて使うので上手く使えるか心配だったもののzlogの感覚で何とか乗り切れました。
細かい設定は空振り連続になってからしました。不思議なことにこういう時に限って呼ばれてアタフタするものです。
今回は運用自体は4エレで行い、サブのV-4JrをIC-820+HX-240とFT-857に交代で繋いで塩梅を調べていました。
結果ば「どうちらも代わりなく使える」ということです。HX-240がかなり健闘している印象かな。

肩慣らしのつもりで参加していたのですが、つい熱くなってしまいましたが得点はイマ2です。
コンディションが悪かったのか、私が聞こえていないのかマルチが奮わずダメでした。
まぁ、フル参戦ではなく、いろいろ試しながらと工作をしながらの参加なので仕方ないですね。

Cooling
普段は見えない場所なのでいい加減な加工で汚いのですが、ラックにPCのジャンクから採取したファンが仕込んであり、上に載るRIGの冷却の手助けをしています。
(画像のRIGは手で持ち上げています)
ちなみに下は昔の門票でフラッシュを焚いてしまったのでわからないですが、普段はLEDのバックライトを透過させて光っています。←特に意味はありません。パイロットランプ代わり(笑)

|

« HX-240 | トップページ | インターフェース製作 »

コンテスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1878908/51418667

この記事へのトラックバック一覧です: ALL JA(2013):

« HX-240 | トップページ | インターフェース製作 »