2018年9月20日 (木)

XPO記念コンテスト

今年も28MHz電信部門(C28)で参加しました。
設備は常設のもので
RIG : IC-7410 / ANT : APH-3

開始直後に様子見で28MHzのCW/SSB両方聞いてみましたが誰もいませんでした。
終始コンディションが悪くマルチが全く伸びませんでした。
1エリアも山梨ができないのはまだしも群馬もできず、結局1エリアは左記の2マルチ以外と静岡の7マルチでした。
Xpo
局数は去年よりも多くQSOできたものの、終盤はレートも上がらず16:22を最後に終了まで空振りCQの連続でした。

ここからは単なる愚痴

コンテスト中は余計なRIGの電源は落としてあるのですが、ホイップアンテナを付けたハンディ機だけは呼出周波数を聞いています。
頻繁に聞こえてくる「CQコンテスト〜」
規約では禁止事項に書いていないから失格にはならないけど、私感ではあるけど正直どうかと思う。
この規模のコンテストだとメインCHを聞いている人の多数はコンテストには関係ない局だからかなり鬱陶しいのではないかと思う。
コンテスト開催中の啓発として時間を空けて出るならまだしも、呼ばれなくなったら即メインCHへ戻ってCQはどうかなぁ。
参加局がみんなこんなスタイルで運用し呼出周波数でCQコンテストを出したらどうなるか、少し考えればわかりそうだけど。
最近の風潮ではあるけど「ダメと書いていなければ、何をやってもヨシ」なのかなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

PCS-6

また無線機が増えてしまった。
AZDENの51MHz FMのハンディ機PCS-6です。
私にとってPCS-6800Hに続いて2台目のAZDENの無線機になります。
最近の無線機に比べるとハンディ機と謳って良いか悩む程の大きさです。
IC-2Nよりも一回りデカイ筐体です。
Img_1319
かなり古いリグなのですが、この時期のAZDENのハンディはAZではなくモービル機と同じPCSだったようです。
なぜ6mFMの無線機を買ったかというと、144/430などに比べて圧倒的に局数が少ないので(29や1200も同様)、できれば呼出周波数を常時ワッチしておきたいからで、今まではFT-991に50/144/430のモビホを繋いであったのですが、FT-991は433.30MHzでC4FMを常時ワッチしたいので別途用意したかった次第です。
手持ちでは遊んでいるTH-F7の広帯域受信側で聞く事やID-92の広帯域受信側で聞く事も考えたのですが、折角だから送信もしたいと考えたからです。(ID-92は航空無線と433.30でD-STARを聞いている)
ですがPCS-6で受信して、2エレに繋がっているIC-7410で交信すると思うので、送信する事はなさそう。
とりあえず保証認定は通しておこうと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

2本購入

50MHzのRY-62V(2エレV型HB9CV)は結局2本買ってしまい、北向き、西向きに設置しました。

北向きはベランダから突き出す形になるので、オプションの補助ブームを買うか悩んだのですが、クロスマウントも手持ちであるので、32Φのステンレスパイプだけ購入で済みました。
ホームセンターで売っているSUSパイプはt=1.0mmが多いので、t=1.5mmのものを手配しました。
元々、DPを付けていて建物から離していたので、2エレにしてもラジエターのエレメント位置はDPと大差なく傍目には交換したのがわからない。
その分リフレクターエレメントは建物に近いのだけど何とか使えるようだ。
こちらは取り外しする事は殆どないだろうから、蝶ネジ/ナットは使わずSUSのナットを使用した。
(フェーズライン取付部は忘れて蝶ナットのまま)
Img_1193
西向きの方もRADIXのV型DPとの交換でポールの取付位置(重心)がかなり前よりなので、これまたV型DPと交換しても違和感がない。
こちらはこの位置に28MHzV型DPと付け替える場合もあるので蝶ナットのまま。
ただエレメントは短くしなくてもベランダに置いておけるので、エレメント収縮用のネジはSUSの鍋ネジに変更しました。
Img_1197
更に上記の西向きの下に3.5/7MHzで使っているMD200があるのですが、少しでも長いエレメントの方が良いかと思い先日購入したRADIXの3.5mエレメントとAH-4の組み合わせで3.5/7/10MHz用とした。
今までは3.5/7MHzはコイルを交換する手間があったのだが、ATUなので簡単。
だが7/10MHzのバンドチェンジはTUNEを取る時間が鬱陶しい。
Atu
10MHzもHF30CLだったので2m程度のモビホから3.5mのエレメントになった分良さそう。
実はRADIXの5.2mのエレメントもあるので、いざとなれば更に長いエレメントも使える。

Md200
一時的になかった29MHz用のアンテナもMD200で復活させてPCS6800と切り替えでFT-991にも繋がっている。
MD200のコイルは3.5/7/28/50MHzを持っているので、コンテストのサブアンテナとしても使えそう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月31日 (金)

平成最後の夏、終了

まずハムフェアーも終わった。
花火大会も終わった
Img_1165_2
Img_1169_3
地元の夏祭りも終わった
Img_1200

縁日にも行った
20180824_185003

そして毎年行っている小鳥のアート展にも行った
20180830_160803
いつも通りバイキングで食べ放題、飲み放題
20180830_171850
酒は自分で注げるので無尽蔵に楽しめるのがGOOD
20180830_172742
飲み放題でも店員に頼むタイプだとサーブされるまでの時間もじれったい
これで夏の行事は終了

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

遠くのカミナリ

地震>雷>火事>おやぢ

無線家にとっては「地震=雷」で怖さは甲乙付け難いのではないでしょうか。
アパマン・ハムの小さなアンテナとはいえ、標高かつそこそこの高層階なので側撃雷の可能性もある。
昨夜も3.5MHzを聞いているとバリバリ聞こえたので雷雲が近づいてくると思ったのですが、いつまで経っても音が聞こえてこないので北側のバルコニーから見ると、雲が提灯のように光っていました。
Kaminari1
23区のどこかかなと思っていたのですが調べてみると、栃木と茨城の県境辺りで結構遠かった。
上空での発光なので遠くまで見えるみたい。
Kaminari

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月26日 (日)

ハムフェアーへ行ってきた

今年は2日間とも行きました。
9時頃に家を出て11時頃にビックサイトに到着、会場入りする前にTFTビル内のレストランで昼食を済ませてから会場に向かういつものパターン。
横浜駅からビックサイト行のバスが便利なのは知っているのですが、地元駅からエアポート急行で座れたので何となく羽田方面まで向かい、天空橋から久しぶりに東京モノレールに乗った。
天王洲アイルでりんかい線に乗り継ぐのだけど、ここの乗り継ぎが不便なのを降りてから思い出しました。
2日目は京急で上大岡まで戻り(定期は上大岡まで買ってある)快速で一気に品川まで行き、大崎まで行きりんかい線へ。
りんかい線もゆりかもめも夏休み期間中はイベントが開催されているので混みます。
Img_1212
会場では知り合いにご挨拶回りをして、QSLカードの転送と、先月開催された横浜コンテストの結果速報を見るのが目的。
横コンは今年は入賞できませんでした。3位までしか発表されていないので何位なのかはわかりませんが得点的には4,5位かな。
各メーカーの新製品などは皆さん記事にするでしょうから割愛。
Img_1218
第一電波の移動運用デモカーと自衛隊のブースが並んで出展だったのですが、自衛隊の方が人気があり人だかりも大きかった。
まぁ究極のアウトドア集団ですからね(笑)

散財しそうなので財布には余り入れずに行ったのですが、何個か購入。
Img_1223
デベロープの細いもの。
エレメントのステーに使うと外壁との色合いから白だと目立たない気がして購入。
最近はハムショップでは青いデベワイヤーしか見かけないので。
大進無線でCMF用にコアを購入。
このコアですがFT-140より少し大きく、3D系(3D-QEVを使っています)を巻くのに丁度良い。高価なFT240を湯水のようには使えないのでこのコアは安くて重宝しています。
毎年購入しているコンテストガイドブックと、モービルホイップをGP化するアダプター。
あとQSLカードの転送が少ない時の発送用の封筒。自分で封筒を印刷するのが面倒なので。
今年も大したものは買わなかった。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2018年7月27日 (金)

6mのアンテナ

51MHz FM用にとSG9600という50/144/430MHzのモービルホイップを設置しているのですが、SWRが2.5以上あって殆ど6m用には使っていない。
衝動買いでAZ910という同じ50/144/430MHzで少し長いモービルホイップを買ってしまいました。
Az910
SWR=1.5程度でまずまず。

長さが0.82m→0.95mで少し長くなったけど、あくまでモニター用で送信するのは別のアンテナ(だったら交換する必要がないと言われてしまいそう)
144/430MHzはID-92に繋いであるのでエアバンドが主で、気が向いたらD-STARで使うくらい。
エアバンドは長くなった分良好で成田のATISも強くなった。
もう1本50MHzのアンテナを購入しました。
Ry62v
アパマン御用達の2エレV型HB9CVのRY-62V。
当初は西向きのDPを強化させる目的で購入したのですが、50MHzで西方面を伸ばしたいのはコンテストくらいだし、大票田は関東平野だしコンテスト以外でも北向きのダブルツェップと入れ替えた方がいいのではないかと思い始めてきました。
ダブルツェップの半値角は50°で利得約3.5dBi
RY-62Vの半値角は69°で利得約7.0dBi
数字だけみると2エレの方が指向性がブロードで後ろ側(=建物側)への放射が無い分利得もある。(当たり前だけど)
もう一つの悩む要因としてこのダブルツェップはコンテストの時はコイルを交換して28MHz用のDPとして使っている。
ただ、この28MHzのDPも上手く動作しているかといわれると自信がない。
RBNを見てみてもモノポールのAPH-3の方が強いのです。
もう1本2エレを買って北、西両方へ設置かなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年7月24日 (火)

またQSLカード印刷

今年になって1000枚印刷 したのですが、もう無くなってしまいました。

増刷も検討したのですが、同じ時に撮影した別の画像で2000枚印刷しました。
シャークレット(=ウイングレット)がギリギリになってしまったのですが、富士山と取り巻く雲主体にしました。
前回は画像補正する際に少し暗くし過ぎた(モニター上では丁度よい)ので今回は少し明るめで。
2000枚だと今年いっぱいくらいは持つかな。
Qsl_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

オホーツク、青森コンテスト

いつもは横浜コンテストの前日が多いので28MHzのアンテナの調子を確かめながら参加する事が多いコンテストなのですが、今年は暦の関係で1週ズレてしまった。

今回はDPとAPH-3でどの程度違いがあるのか確かめつつ参加しました。
参加とはいってもCQは全く出さず、時々バンド内を聞いて管内局、県内局がいたら呼ぶだけです。
【オホーツクコンテスト】
6時台に管内局がSSBで聞こえてきたので早速呼びます。
貰ったナンバーが59104?
あれ?管内局だよね。HAMLOGユーザーのQTHも管内局になっているし・・・・
もう一度規約を確認して10分ほど経ってから再度呼んで管内局はJCC/JCGコード(ハムログの町村コード付)なのを説明して正しい番号で交換して貰った。
CWでなくSSBで良かった。
今年初参加だったらしいのですが、もう5局ほど交信してしまったとのこと。
いつもはCWの方が多いのですが今年はSSB=4/CW=2だった。
結果は
6×5=30点
他のエリアからも呼んでいる局が多かったから入賞するか否かは運しだい。
【青森コンテスト】
コンテスト用に北向きのDPの調子を確かめていたので、こちらもビーム方向。
結果は
5×3=15点
ログ締切が7/27と1週間ない。その代り結果もスピーディーなようだ。
【その他のコンテスト】
JA5と鹿児島コンテストも呼んだですが、北向きのアンテナ(大した指向性はないけど)ゆえにあまり熱心にはならなかった。
JA5は紙ログで提出かぁ・・・・昔は当たり前だったのですが電子ログに慣れてしまうと億劫です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

オール横浜コンテスト

2時間・28MHzのみ・しかも早朝の凝縮されたコンテストである横コンに今年も市内電信部門で参加しました。

北向きのDPはベースのコイルを取り換え
西向きのDPはエレメントの長さを変え
50→28MHzに対応させます。
メインはIC-7410で上記のアンテナを切り替えて使用、サブでFT-991とAPA-3の2台体制でSO2Rにします。
市内から多くの局がQRVするので出力も50Wに設定。
4時30分頃にスコープを見ているとポツポツと送信している電波が確認できます。
普段の早朝の28MHzにはあり得ないこと。
5時スタートはRUNからです。
市内から複数の局がでるので少しでも楽に受信できるようにあえて28.050-060MHzには拘らず062でRUN開始。
順調に呼ばれ続けますがいつもよりはバンド内が静かな感じです。
スコープで多くの局がいるのはわかるのですが混変調もなく順調です。
今年復活したJA1YCSの動向が気になります。
IC-7410でRUNしながらFT-991でS&Pします。
いちいちKEYの選択スイッチを切り替えるのがチョット面倒です。
2台にパドル2つの方が良いのかも知れません。
3本のアンテナが大差ないのでそのままSO2Rで走り切りました。
去年落としてしまった南区も確保でき金沢区(08)が残りそうだったのですが何とかゲット。
無事にJA1YCS/1ともQSOすることができました。
去年よりも参加局が少なそうな印象だったのですが終わってみると去年よりも多かった。
マルチも全マルチできたので結果も同様なら今年もWAY賞を申請しよう。
申告した点がそのまま得点にならないでしょうから、ここから何点減点されるか・・・・・
年に一度のお祭りが終わった感じです。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

«鶴見川コンテスト