2017年5月23日 (火)

神奈川非常通信訓練コンテストの結果

4月に参加した 神奈川非常通信訓練コンテストの結果がメールで届きました。
「35_201705201.pdf」をダウンロード
去年は430/1200MHzのKU部門で参加したのですが、今年は50/144MHzのKV部門で参加しました。
Knt_6 お陰さまで今年も支部大会で弁当をGETすることができました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

はいさいフェスタ2017

今年も川崎のチネチッタ周辺で開催されたはいさいフェスタへ出掛け、気分だけ沖縄旅行に浸ってきました。
00
ライブあり、沖縄料理アリのお祭りです。
01_202
もちろん大好きなモノも並んでいます。
03  
毎年、ここの黒糖わたあめを買っています。
1つ450円、2つ500円の謎な価格設定です。
04_3
目玉は1日2回開催されるエイサーですがもの凄い人出で向かいの橋の上も満員です。
でも、向かいの橋は逆光で眩しいので、こちら側がベスト。
05_2
毎回、違う団体が演技をするので、それぞれ個性がでます。
0607_2
特にオリオンビールのCM曲を使った演舞なんて◎
太鼓にオリオンビールの装飾をして、飲むシーンも入れてある。
0809
最後は観客も入り乱れてのカチャーシ。
観客だけでなく獅子(シーサーなのか?)も乱入です。
10

いつもの流れで夕食はビッフェです。
このところ、はいさいフェスタに合わせて川崎日航ホテルで九州沖縄フェアービッフェが開催されないので、ネットで探してラゾーナにある三尺三寸箸へ行きました。
デパ地下惣菜の柿安が出しているビッフェスタイルのレストランです。
元を取ろうとガッツリ食べる歳でもないので、いろいろな種類のものを酒を飲みながら少しずつ食べたいだけなので損といえば損。
11_213_2
オプションで飲み放題も付けた。
オージーの白ワインが美味しかった。
12
デザートにあっさりフルーツが欲しかった。
14



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

東京コンテスト

去年はコンディションが凄く良かったので21MHz電信で出たので、今年もコンディションが良い事を願いつつ28MHz電信に出ることにしました。
普段は何も聞こえず静まり返っている28MHzですが、JT65であるとはいえ一昨日はマダガスカルの東に浮かぶReunion Is.ともQSOできたし、今朝も西海岸ではあるけどWが呼んできたので、気が付かないだけでそれなりに飛んではいるようです。
先日のALL JAでモビホ×2のV型DPが想定通り出ているかが疑わしかったので、東京コンテストでも確かめるつもりでもいました。

RIG:IC-7410
ANT:北向きV型DP
    西向き1/4λモービルホイップ(2.2m長/斜め設置)

スタート時はALL JAよりも賑やかです。
6エリアも開けているようですが、参加局が少なく40、43県の2マルチのみ。
参加者も多くて局数、マルチも順調に増えていきました。
さすがに14時台になると空振りも多くなってきます。
出ているメンツを見ると結構接戦になりそうな雰囲気です。

100QSO/6000点に近くなり、空振りも続くと悪い虫が騒ぎ電話にも出て何とか100Q/6000Pを達成したくなってきました。
14時を過ぎているので電信で交信できる局はし尽くしているでしょうから、電信部門にするか電信電話にするかを後で選択する事もできます。
それにネットで過去の結果を見てみると、案外、電信部門よりも電信電話の方が得点が低い事も多いようなので、鞍替えする際に必要な電話も交信もする事にしました。

結果は
Tkpt_4    
結局、電話でのQSOは5QSOのみでした。
14:45に電信に戻り、呼び回りして2マルチGETで糸冬了

マルチは都内マルチはそこそこできましたが、アワード申請するほどはできませんでした。
やっぱり28MHzでは全区は厳しいです。
ALL JAに続いて16県を落としました。どうした群馬!
Tkml_4
   

アンテナの塩梅ですが・・・・交信中に切替えて比べてみたのですが正直判断が付きません。
飛んでいるような、飛んでいないような。
偏波面の違いなのか東京、千葉辺りの局でも斜め設置のモビホの方が強い局もチラホラ。
それに今までは呼ばれて取り切れない局がいる事はあったのですが、V-DPにしてからは弱い局を呼んでも応答なかったりorかなり苦労する事も多くなった気がする。
受けが良くなり飛びがついていかないのか、飛びが悪くなったのか。
パーシャルチェックで見るとV/UHFの電信の履歴だったりするので良い方に考えておこうかな。

全体的にはコンディションもそれ程よくない中、局数は多かった印象でした。
電信電話部門にするか、電信部門にして電話はチェックログにするかまだ決めかねています。

交信して頂いた各局ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

ALL JAコンテスト参加

今年も28MHz電信部門で参加しました。
RIG:IC-7410だけの1台のみ
ANT:北向きV型DP と 西向きV型DPの2本

いろいろ試していたモービルホイップ×2のV-DPですが、ACAGの後にCHL-350(28/50MHz)を入手したので、実はコンテストで本格的に使うのは初めて。
コンテスト開始に備えてベランダに付いている余計なアンテナは影響を考慮して外した。
1

開始前に石垣島移動の局とQSOできたので47県は開けているようだった。
珍しく呼び回りからスタートしてバンド内の参加局の動向を知り、47県も2局できた。
21時台はそこそこのレートだったけどマルチが全然伸びません。
22時台からはレートも落ち始めて去年よりもかなり少なめで推移します。
アンテナも東京・千葉・埼玉でも北向DPよりも西向DPの方が強く入感する事も多く、モビホ×2に一抹の不安を感じるが今更どうにもなりません。
少し早めの1時から5時まで仮眠しとり復帰です。
相変わらずコンディションもパッとしないどころか、普段は安泰の2,3エリアも聞こえてきません。
17時台には8エリアが開けたので何とか去年と同じ程度のマルチに達したけど、局数は去年を下回りました。
なんと16県ができなかった。聞こえている局はいたのですが届かなかった。
得点も例年よりも少なかった去年にも達しなかったので上位は難しいかも。
最近はJT65のスローペースなQSOにも少し飽きてきたところだったので、テンポのいいコンテストのCWを楽しめました。

交信して頂いた各局ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

西向きDPを常設

6mでJT65を運用していると他局が2,3エリアと交信しているのを見掛けました。
コンテストで6mに出る場合はRADIXのV型DPを西側のバルコニーに仮設するのですが、折角持っているのに使わないのは勿体ない常設することにしました。
Radix_vdp
実際にJT65で使ってみると5エリアまでは何とか飛んでいくようです。
さすがにビックアンテナを使っている局には敵いませんが、西方面へはそこそこ飛んでくれるようです。
しかし、音が聞こえない程度の弱い信号なので、実際にコンテストでCWとなると、もう少し利得のある2エレ HB9CV程度は必須のようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

スイッチング電源整備

20年以上前に買ったダイワの40Aスイッチング電源を整備しました。
他にシリーズ方式(従来のトランス式)の30A電源も2台あるのですが、効率と発熱を考えるとスイッチング方式の方が有利。
特にコンテストで24時間運用していると、シリーズ方式でファンなし電源だと、発熱のために匂いもしだすので、オールJA前に急いで整備しました。

まず、基板を外して目視で確認したところ、高圧側の平滑コンデンサーが少し膨らんでいます。
Ss4041
抵抗も高温になったのか基板が黒く変色したところが何か所が見られました。
電流が流れる部分は網銅線で補強がされており、アルインコのクソ電源 よりはキチンとした設計です。
Ss4042_2
抵抗が発熱が大きいようなので、ワット数の大きな抵抗に交換することにしました。
焦げた右側はF端子を差し込んで半田してあるのですが、半田にクラックが入っています。
よくこれで動作していたものだ。
Ss4043
膨らんだ高圧側だけでなく、他の部分の電解コンデンサーも全部交換しました。
高圧側は少し容量の大きなものに交換、他の部分は耐圧を大きなものにして、寿命を長くできる105℃のものを使用しました。
コンデンサーも抵抗も20年前よりも小さくなっているので、容量、耐圧を大きくしてもサイズは変わらない。
Ss4044Ss4045
スイッチはネオン管がダメになっていたので、同じサイズのミヤマ製のスイッチに交換です。ちなみこの電源は220Vへも切替かられるので、オリジナルではネオン管への配線はされていません。(ネオン管は100Vのため)
Ss4046
電流がそこそこ流れる部分1.25SQ〜2.0sqの配線は耐熱のMLFCという架橋ポリ被覆の線に交換しました。
13.8V/40Aが流れる部分は5.5SQが使われていたので、そのままにしてあります。
パターン面は上で書いた通りに強化されているのですが、さらに平角銅線で補強しておきました。
このSS-404ですが、ネットで調べてみると基板が大きくリアクトルが基板上にあり、放熱フィンも小さいものもあるようで、ロットによって大きく違うみたいです。(私のはたぶん初期型)
Ss4047
エージング運転中にスイッチングの周波数が気になったので測ってみた。
13.8V時無負荷で約42kHz。
Ss4048
この電源の販売時には一般的ではなかった、青色LEDに交換しました。
延命処置をしましたので当分は使えそうです。
Ss4049

ついでに電源からの配線も新調です。
5.5SQの線材に圧着しました。(本当は8SQにしたかったが会社に無かった
圧着端子には専用のカバーがあります(左側)。
圧着端子と違いホームセンターでは少数売りがない場合が多く、100個単位だとスケアごとに違うので大量に余ってしまうので個人では中々使い(買い)難い。
他にも絶縁カバー付きの圧着端子もあります。(右側)
Ss40410

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

今年も桜の季節に

我が家から満開の桜を鑑賞できます。
生憎の天気ですが天候に左右されず部屋の中から花見ができます。

いつものアンテナと桜のショット。
2017
今年は28MHz CWから29MHz FMまで使えるMD-200+MDC-10HXと430MHz 5el。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

神奈川非常通信訓練コンテスト

去年は430/1200のKUに参加だったのですが、今年は50/144のKVに参加しました。

私が参加するコンテストでは数少ない電話で参加するコンテストなのでヘッドセットを用意します。
今回のKVはHF機とV/UHF機の2台になるのでヘッドホン切替器も用意してスイッチでRIGを選択できるようにしておきます。
A/B/Cの切替は当然としてA+B/A+C/B+Cを左右に出力できるようにしてあり、運用中のバンド以外もモニターできるようにしてあります。

50MHzのRUNからスタートです。
2時間ずつ区切られているので、マルチバンド組も散らずに2バンドの集中してのでRUN主体でいくつもりです。
20分くらいで一息ついたようなので144にQSYします。
参加局は 50<144 のような感じがします。
他のコンテストで28や1200に参加している時と違い、それなりに呼ばれ続けて2時間を走り切れました。
Photo_2
同コンテストは現在のカテゴリーになってから年数が経っていないので、KVがどの程度で上位になるかがわからないのですが、まずまずではないでしょうか。

22時からの430/1200も少しだけ声を出しました。
430はいつもコンテストで交信して頂く局への呼びまわりをして、1200は少しだけCQを出して賑やかしです。

交信して頂いた各局ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

アンテナ切替器

またまた性懲りもなくアンテナ切替器を作ってしまいました。
Front
ケースは他のものを作った際に使ったYM-300を再利用です。
右端の電圧計はその穴を以前、大阪で購入した電圧計で穴埋めしてボロ隠し。
この手の表示はスモークのアクリルを通した方が視認性が良いのですが面倒なのでそのまま。

今まで1200MHzはアンテナ切替器を2台使って4本のアンテナを切り替えていたのですが、N型とはいえ何個かコネクターを通っているのが気になっていました。
それに切替リレーの一つは大昔のG4Yを使っているのでそろそろ交換時期でもある。
そこで一度に3切替できるものにしました。
基板はコスモウェーブ さんのものを使いました。
この基板はG6Yの5V仕様のものを使う設計になっているのですが、G6Yは現在入手し難いのでピン配置が全く同じのG6Zを使いました。
G6z1
私の勝手な想像ですが3年程前に秋月電子でG6Yの5V仕様が250円で出回った事があり、私も2個買ったのですが、アッという間に売切れてしまったので、この時期の製品なのかも知れません。
回路はトランジスタアレイを使ってあったのですが、6PセンターOFFのスイッチを使えば面倒な回路は使わずダイオード1本で済むので(簡単なAND回路です)高周波部分だけ使わせて頂きました。
これでGP/北向き10elループ/西向き10el F9FTの3本を切替られます。
G6z2_2

430MHzは50Wを切り替えるので小型のリレーでは容量不足で同軸リレーを使いました。
以前ジャンクで購入したリニアに付いていたものですが、コイルが断線していたので、2ターン解いて補修し絶縁テープを巻いておいた。
Cx140d1Cx140d2Cx140d3
430MHzは北向きの2el八木と西向きの5el八木の切替に使います。
Cx140d4
430/1200MHzに使っている青色の同軸ケーブルですが、秋月電子で売っているRG58C/Uです。
この同軸は網線がしっかり編みこんであって、安物にありがちな網線がスカスカではなくおススメ。
同軸の先はNPJ-58というN型のパネルジャックでサトー電気で長期在庫の特価品で1個300円だった。
この300円がこの切替器を作ろうと思ったキッカケでもあります。まともな値段だったら6個で幾らになるか・・・

All1
ケースが再利用なので余計な穴が目立ちます。
HFの切替もできるようにICOMのBAND電圧を使った制御回路も入れてあります。
その部分は追々・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

東京CW、東京UHFの結果

10月に開催された東京CWコンテストと11月に開催された東京UHFコンテスト結果が発表されました。

去年の東京CWは28MHzに戻り参加したのですが、都外28MHz部門で1位を頂く事ができました。
Tkcw_3
2位とは僅差でした。
たぶん点数で13点上回り、マルチでは2マルチ下回っていると思うので、マルチをいかに取りこぼさないかが課題。

東京UHFコンテストは今年も都外1200MHz部門での参加だったのですが、去年と同じ2位入賞。
Tkuhf_2
1位との差は去年よりも開いてしまっている。
今の設備ではこれ以上に得点が伸びる気がしないし、移動だと1Wの足かせがあるので冒険するのも怖いし。

去年に参加したコンテストの結果が全て出揃いました。
JARL国内4コンテスト
XPO、愛地球博コンテスト
地元の神奈川、神奈川非常通信、横浜コンテスト
隣県はJARL東京の東京、東京CW、東京UHFと千葉コンテスト
等々で結果を出す事ができました。

頑張ったけどダメだったのは電通大、関東UHF。

交信して頂いた各局には感謝しております。
ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«XPOコンテストの結果