2017年9月11日 (月)

横浜コンテストの自己分析

横浜コンテストの結果が届きました。
これを活用して今年も自身の簡単なデータの分析をしてみました。

《結果》
今年は市内電信で2位でした。
全マルチ達成局が多いらしいので入賞は諦めていたので良い方向での意外でした。
1位との差は118点で内訳はQSO数で+2QSO(4点)、マルチが-1で、南区が2局参加していたにも関わらず落としたのが致命傷なのは間違いない。

《減点》
NL(ログ提出なし)が1局、MN(ナンバー間違い)が1局。
NLに関しては回避する術がなく、せいぜい普段のQSOからログ提出のお願いをアピールするくらいでしょうか。
MNは特定できたので、コンテスト中の録音データを聞き直したのですが、確かに正しく受信しているのですが、何故か申告の運用区が違っています。謎だ!

《交信できなかった局》
去年と同じように市内電信で未交信局と市内電信電話+市外で今までCWでの交信した事がある局を交信を可能性のある局として考えてみました。
市内で電信に出ないのであれば市内電話でエントリーするので市内電信電話は全局可能性があるのでは? と思うのですが意外にもそうでもない。
特に市内電信電話の得点が低くなるにつれてその傾向が強くなる。
想像の域ではあるが慣れないCWで知り合い等を援助交信?しているので、故の電信電話なのではないかと邪推している(それも作戦のひとつなので個人的には全く否定しない)。

少なくても電信部門で参加している局を4局、市内と市外の電信電話の入賞局6局中で1/2の3局落としているのも痛いです。

17
《マルチ》
電信に限っていえば、安泰なのは戸塚、港南、旭、青葉くらいでしょうか。
他の区はどこが珍になっても不思議ではない。
隔年変化?で今年は金沢区が多かったけど、また来年に戻らない事を祈るばかり。

《対策?》
少なくとも市内電信でている局は取りこぼさない様にする。
電信と電話が同得点になってから電信電話のSSBでの運用時間が長くなり、その影響で電信の運用時間が短くなり、結果RUN重視になる傾向があるので、6時を過ぎたらSO2R活用でS&Pを徹底する必要がありそう。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

ハムフェアーと横コン結果(速報)

土曜日に行ってきました。
のんびり10時頃家を出て、新橋でゆりかもめに乗り換え現地へ向かいます。
到着すると11時を過ぎていたので、会場に向かう前にTFTビルで昼食を済ませてから会場入りです。
Hamfair1Hamfair2_2
おそらくハムフェアーの記事を書く局の9割は載せるお決まりのビックサイト正面と会場入り口のショットを。
去年と同じ土曜の12時前だったのだが、意外にもチケット売り場はガラガラでこれなら前売りを用意する必要はなかった。
とりあえずQSL転送を済ませて会場内をブラブラ。
ステージではイベント中だった。
Hamfair3
断っておくが、温泉施設のミニコンサートではない。
Hamfair4
しつこいようだがパチ屋のトークショーの営業でもない。ハムフェアーの一コマだ。
Hamfair5
自衛隊のブースもあった。
自衛官募集を目的とするブースだが、お客さんは対象年齢を大きく外れた人ばかりだ。
これでは3等海佐(=少佐)も張り合いがなかったことだろう。
Hamfair6
メーカーブースではいろいろ目玉はあったのだが、ICOMの新機種などはいろいろな人が記事にしそうなので、AZDENのブースで見かけたリニアアンプが気になった。
AZDEN自体無線機の販売をやめてから久しいが、HF/50MHzのリニアを出すらしい。
東京ハイパワーのHL-550FXそっくり・・・・いや銘版だけ替えた同じものだろう。
他にも東京ハイパワーで出していた商品を引き継いでくれると嬉しいのだが。
Hamfair7
ハムフェアーの目的はJARL横浜のブースで横浜コンテストの結果速報が発表されるのを見に行く事でした。
今年は自区を落としたので良くて3位、いや入賞圏外かと思っていたのですが、意外な事に2位入賞できた。
1位よりもQSO数は多かったのか・・・試験とコンテストに「たら」「れば」は無く目の前の得点が全てだと自身では思っているので来年の頑張りにする。

買い物しだすとキリがないので軍資金はあまり持たずに来たので買い物はたいしてせずに、何人か知り合いと挨拶を交わして帰ることにしました・
来たルートと同じではつまらないので、予め水上バスの時刻を調べてあったので、その時間に合わせて会場をあとにしました。
Hamfair8
ここだけ見ると南国へ旅経つクルーズ船の乗り場のようだ。
Hamfair9Hamfiar10
船は「いりす」で以前にここから乗った時を同じ船だった。
船長自ら甲板員のようなことをしています。
操船しているのも4本線。ダブルキャプテンかな。
もしかしたら皆4本線? 帽子も船長っぽくないしなぁ。
30分弱揺られて日の出桟橋に到着し、何かと騒がれている東芝本社の横を通って浜松町駅へ。




| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

ALL JAと東京コンテストの結果

ALL JAコンテスト

今年はなんとなくコケた感があったのですが、C28の参加者が多かったので、ギリギリで全国3位で入賞となりました。
普段ならば参加者も少なく1位、多くて2位までしか入賞とならないのでラッキーだった。
Allja_2

東京コンテスト

ラスト1時間前に電信→電信電話 に替えたのが功を奏しました。
Tk_3
交信して頂いた多くの方々ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

いかづち

地元では盆踊りの最中だったのですが、雷雲接近で隣接する小学校の体育館に避難している模様。
雷雲は北から近づいていた。
(画像追加 8/21)
Photo
Photo_2
Photo_3
Photo_5
どこに落ちるかわからないのでかなり広角で撮影。
右端にある2つの明かりは三ツ沢競技場で何かイベント中なのかな。
この数十秒後には激しい雨が降ってきて撮影どころではなくなった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

電源アダプター

無線機には40Aの安定化電源を使用しているのですが、ハンディ機など常時ONにしておきたいものには2Aの電源アダプターを使用しています。
TS-660もこの常時ONのグループに入れたいのと、2AだとID-92の送信(滅多に送信しないけど)の際に5Wの出力には不安があるので、5Aの電源アダプターを新調しました。
定番の秋月電子の12V/5Aのもの を使います。
実は10年ほど前に移動先でFT-817の電源として買ったのですが、引っ越しの際にどこかに行ってしまったようで改めて買いました。
12Vなので無線機で使うには少し電圧が低いので定番の改造を施します。
詳しい改造方法はネットに多数転がっていますのでそちらを参考にして下さい。

まずは買ったばかりの電源を分解。
国産のケミコンを採用と書いてあったが偽りはなかった。
Avr1_2
改造個所は1カ所のみでR37を2kΩに取り換えるだけ。
Avr2Avr3
チップ抵抗に交換するのがスリムなのですが、チップ抵抗を大量に買っても使いきれないので、ここは他でも使えそうな普通の1/6Wの抵抗で済ませます。
いくら1/6Wでもチップ抵抗よりは大きいのではみ出してしまうので、念のために絶縁紙を敷いておきました。
ちなみにノーメックスという200℃超えにも耐えるものです。
Avr4
改造後の電圧は14.21V(無負荷)でしたのでやや高いものの+3%程度なので全く問題ない範囲。
抵抗2本の組み合わせを微妙に変えたり、100本買いした2kΩを1本1本の抵抗値を調べて追い込むことも可能ではありますが面倒なのでやりません。
アダプターの右上にねじの頭が見えていますが、ここには左上のようなシール式のゴム足がついています。

100V側は無負荷で12.71mA流れていました。
トランス式の4A程度の電源だと、励磁電流は100mA以上あるでしょうから、常に通電しておくにはやっぱりスイッチング電源ですね。
デジタルパワーメーターで消費電力も測定しようかと思ったのですが、普段はこんな少ない値の測定はしていないのでCTが繋がっていて接続を替えるのが面倒だったので測定しませんでした。
Avr5

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

TS-660

またつまらないものを買ってしまいました。
TS-660・・・・開局当初にサブ機として欲しかった。
当時の入門バンドといえば50MHzか21MHzで同世代のハムも多かった。
まだHF機に50MHzが入っていない時代で21/50MHzの両方が出られるRIGは入門機としてはベストな組み合わせです。

Ts660
2か月ほど前に中古でみつけてFMユニット入りなので買ってしまいました。
動作には問題なかったのですがメーターの照明がLEDにされていて、品のないゴールドのダイヤルが気になるところです。
あとコツコツ延命化しようと劣化しやすいリレーはピンコンパチを秋月で見つけたので購入済み。
その他にも在庫が少なくなってきたそうなので3SK73GRもサトー電気で購入、何かと問題が出やすい2SC460の互換品も用意しなくては。

IC-7410が28/50MHz以外のバンドを選択してある時に北向きのV-DPがTS-660に接続されるようになっている。
HF10CL(28MHzの2.2m長のモビホ)は普段FT-991で28MHz以外が選択されている時にPCS-6800Hに接続されるようになっている。
29FMに力を注いでいる訳ではないけど常に受信可能な体制になってしまいました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

事前購入

FDはFT-991のテストを兼ねて少しだけ28,144,430MHzと21,1200MHzのCWで少しだけ出ました。

さて、今年は9月に入ってからの開催になったハムフェアーですが、去年はチケット購入の長蛇の列にウンザリ。
今年は150円高くても良いので並ぶ時間が少なくて済む前売りを手配しました。
Hamfair
これで暑い中オッサン達の中に(自分も十分オッサンなのだが)並ばなくて済めば安いもの。
また海上バスの時間に合わせてゆっくり行くかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

FT-991にGPS接続

FT-991にはGPSから取り込んだ位置情報をC4FMで送信できる機能がある。
100W機なのでシャックから動くことはないし、緯度経度は手動でも入力できるので、地図で確認して一度設定してしまえば済むのですが、GPSの情報を利用して内蔵されている時計も同期できるらしい。
FT-991の時計を利用している訳ではないし、PCの時計はJT65を運用する都合上頻繁に同期させているので全く問題ないのだけど、目の前の時計がズレているのは気持ち悪いのでGPSモジュールを繋いでみることにしました。

製作方法はネットに幾つもあるので割愛します。
RS-232CのケーブルはD-sub9Pのコネクターやシールド2芯などをチマチマ買うよりは、完成品を買って片方を切り落として使った方が安いし早いと思う。
Gps01
FT-991に緯度経度は手入力してあったのですがGPS受信にすると消えます。
Gps03
GPSからRS-232C経由でデータを取り込みます。
見事に表示されました。(当たり前!)
ただ地図で調べた経度と1秒違っていました。
丁度、うちの中で1秒の境目(?)があるようで、時々1秒違いがでるのですが誤差の範囲ですね。
Gps02
液晶表示の右上にGPSデコードの表示も出ました。
時計もUTC表示ですが正確に同期しているようです。

実は秋月のGPSモジュール(2200円)を買う前にAMAZONで中国からGPSモジュールを買ったのですが上手くいかなかった。
Gps1Gps2
出力が3.3V系のようなのでレベルコンバータを付ければ使えそうだから、PCに取り込めるようににして内蔵の時計の同期用にでも使うかな。

ちなみに950円で送料込み。
いったい原価は幾らなんだ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

オール横浜コンテスト

今年も市内電信部門で参加しました。

設備はいつも通り
RIG : IC-7410
ANT : 北向きV-DP
     西向きV-DP
それとは別にFT-991のテストを兼ねて短いモービルホイップ(HFB10)で受信してウォーターフォールを動作させました。

出足は好調だったのですが6時頃からやや鈍ってきました。
基本はRUNして、ちょこちょこ呼び回りです。

6時30分頃からはRUNではレートが落ちたので、積極的に呼び回りして終了
結果は去年の111QSOから今年は100QSOにも届きませんでした。

(99QSO)198ポイント×18マルチ=3564点

今年は電信でもみなさん全マルチ獲得しているようなのでこれでは入賞も厳しいですね。
落としたマルチはなんと自区(南区)でした、
西区在住の時の悪夢再来です。
呼び回りしているのは聞こえたのですがタイミングが合わなかったようです。

今年はオールJAからコケた感があり、なぜかモチベーションが上がらずです。

FT-991のテストですが横コンでは判別つきませんでした。
RUNしていると受信している時間が他のコンテストよりも短いので。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

FT991購入

今更ですけどFT-991(Aなし)を買ってしまいました。
6Dに参加していて「V/UHFもDSP機欲しいけどIC-9100は高い品ぁ」なんて思っていたのですが、FT-991Aが出回ってから結構中古でFT-911(無印)を見かけるのが気になっていました。
Ft9911_2
シャックではFT-857と入れ替えしました。
144/430は2エレの八木に繋げて北方面担当にします。
TS-790は144/430は西方面の担当にして区分しました。
全然下調べしないで、、まさに衝動買いだったので仕様すら把握していません。
Ft9912_2
C4FMもできるのですね。
ID-92を所有していてもD-STARは殆ど運用しないのにC4FMでもないのだがいきなり1QSOしました。
HFは28/50MHzのアンテナだけ繋いであり、V/U機の延長的な感じにしてあります。

FT-857とは全然使い勝手が違うので覚えるまで時間が掛かりそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«6m AND DOWN コンテスト